【正直レビュー】バルミューダ電気ケトル(K02A-BK)を約1年間使用してみた感想

この記事がおすすめな人
  • バルミューダの電気ケトルを買おうか悩んでいる人
  • 実際に使っている人の、正直な感想を知りたい人
ぞうさん
ぞうさん

バルミューダの電気ケトルって、かっこいいけど実際どうなの?教えて!

バルミューダ家電っておしゃれですよね。

そこで、ずっと憧れていた『BALMUDA The Pot』を買いました!

憧れだけで買ったバルミューダの電気ケトルですが、1年間使ってみて感じたことを紹介していきます。

よかった点/イマイチな点も正直にレビューしますので、ケトル選びに悩んでいる人は最後まで読んでみてください。

私の買ったケトルの情報
  • 品名:BALMUDA The Pot
  • 型式:K02A-BK
  • 色:ブラック
スポンサーリンク

バルミューダ電気ケトル(K02A-BK)を約1年間使用してみた感想

バルミューダ電気ケトルを1年間使用してみて、「やっぱりデザインは最高!使い勝手は△」と感じました。

なぜそう感じるのか、よかった点/イマイチな点を紹介していきます。

バルミューダ電気ケトル(K02A-BK)のよかった点

まず、このケトルを1年間使ってみて、よかったと思った点について紹介します。

それが下記の通り。

  • とにかくデザインがスタイリッシュ
  • コーヒーのドリップに最適

とにかくデザインがスタイリッシュ

バルミューダの電気ケトルで1番の魅力が『デザイン』ですね。

実際に置いてみると、とにかくスタイリッシュでインテリア空間になじむため生活感が出ません。

うり
うり

おしゃれで、使うたびにテンションが上がります!

コーヒーのドリップに最適

上図のように注ぎ口が細く、狙ったところに思い通りの湯量を注げるため、コーヒーのドリップに最適です。

また、注ぎ口の湯切れがよく、お湯が垂れてきたりしないのも良いですね。

バルミューダ電気ケトル(K02A-BK)のイマイチな点

次に、このケトルを1年間使ってみて、いまいちと思った点について紹介します。

それが下記の通り。

  • お湯を沸かすと、本体が熱くなる
  • 倒すとお湯がこぼれる
  • 水量が分かりにくい
  • 電気ケトルにしては値段が高い

お湯を沸かすと、本体が熱くなる

お湯を沸かした直後に本体を触ると、やけどをしそうなくらい熱くなります。

これは本体が金属製(ステンレス)だからです。

うり
うり

持ち手を持てば熱くないのですが、本体の熱くならないケトルも使っているため、癖で上側を持ってしまいます。。。いっつも「あつっ!」ってなります。

倒すとお湯がこぼれる

ケトルを倒してしまうと、注ぎ口と蒸気を逃がす上の穴からお湯がこぼれてしまいます。

安全面に配慮した作りではありませんので注意です。

水量がわかりにくい

外観から、どのくらいの水量が入っているのかわかりません。

また、目盛りはケトル内に『MIN』と『MAX0.6ℓ』しかありません。

そのため、「500㎖のお湯を沸かしたい」と思うと、わざわざ計量カップで500㎖の水を計らないといけません。

ちょっとめんどくさいです。。。

無駄な表示を削ぎ落すことで得られている、スタイリッシュなデザインと言えますが。

電気ケトルにしては値段が高い

電気ケトルの有名ブランドと比較すると、やはり値段はお高めです。

  • バルミューダ The Pot0.6ℓ:12000円程度
  • タイガー わく子0.6ℓ:3500円程度
  • T-fal アプレシアエージー0.8ℓ:5400円程度
値段の安い有名ブランドの人気商品

スポンサーリンク

バルミューダとタイガーのケトルを比較してみた

『バルミューダ The Pot』『タイガー わく子』を比較すると下記の通り。

バルミューダ The Potは、やはりデザイン特化ですね!

タイガー わく子は、本体が熱くなりにくく、転倒流水防止機能もついているため安全面に優れています

また、値段もお手頃なため手に取りやすいです。

バルミューダ電気ケトルに向く人/向かない人

以上説明してきたように、バルミューダの電気ケトルには、向く人/向かない人が分かれると思います。

バルミューダ電気ケトルに向く人

まずは、バルミューダの電気ケトルが向く人です。

  • デザインの良いケトルが欲しい人
  • ドリップコーヒーをよく飲む人

デザインにこだわりがある人には超おすすめです!

やはり、安価なケトルと比較すると何倍もスタイリッシュで生活感が出なくなります。

私もコーヒーをドリップするため毎日使っていますが、かっこよくて朝からテンションも上がり、おいしいコーヒーも飲め最高です^^

バルミューダ電気ケトルに向かない人

次に、バルミューダの電気ケトルが向かない人です。

  • 小さなお子さんや、動物を室内で飼っている人
  • デザインよりコスパ重視の人

やはり安全面の不安を考えると、小さなお子さんがいる家庭には不向きでしょう。

また、猫などを室内で飼っている人は、ケトルを倒されるリスクも高いです。

そのような人は、安全対策がしっかりしているケトルのほうが絶対におすすめです!

なかでも、『タイガー わく子』はおすすめ。

  • 本体が熱くなりにくい
  • 転倒流水防止機能付き
  • 3500円程度とかなり安価
  • 外から水量も見れる

このように、安全性・機能性をかなえてくれます。ただし、生活感はどうしても出てきます。

まとめ:バルミューダの電気ケトルは向き不向きがある

バルミューダの電気ケトルは、とてもいい品です。ただ、人を選ぶのは確かです。。。

うり
うり

あのデザインで安全性が高ければ最高なのにっ!

とは言いつつ、毎朝テンション上がりながら使っていますが(笑)

ケトルといっても、安くない買い物ですのでしっかり自分に合ったものを選びましょう!

この記事が、ケトルの購入で迷っている人の参考になると嬉しいです。

というわけで今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

✅デザイン重視派に!

✅安全性・機能性重視なら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました