【ここだけ見ればOK】投資信託の選び方【見るべきポイント5選】

「投資信託を買いたいけど選び方がわからない…。見るべきポイントはないの…?おすすめな優良投資信託ってないの…?投資初心者にでもわかるように教えてください。」

このような疑問に答えます。

投資を始めようとしている人・投資初心者の人で、「投資信託を選びたいけど、どこを見て良いファンド・悪いファンドを見極めるの?」と困っている人はいるのではないでしょうか。

調べる方法がわからないため投資を始めれていない人がいるのであればとてももったいないです。大きな機会損失です。

この記事では、そのような人に向けて投資信託を選ぶ際に見るべきポイント5選の解説をしたいと思います。また、私のおすすめする投資初心者向けの投資信託を紹介します。

この記事を読むだけで、投資信託の良し悪しをある程度わかるようになります。

わかるようになってから、いろいろな投資信託を見てみると面白いですよ。

スポンサーリンク

投資信託の選び方【見るべきポイントは5つ】

投資信託を選ぶときに見るべきポイントは下記のとおり。

  • ①商品内容
  • ②総純資産額
  • ③信託報酬
  • ④分散投資
  • ⑤過去チャート

投資初心者はこの5つのポイントを見ておけばまずOKです。投資上級者になるともっと深く分析をされるかもしれませんが、まず必要ないでしょう。

それでは解説していきます。

①商品内容

商品内容の把握は一番大切です。何も知らない商品に投資するのは、怖いですし不安になりますよね?まずは商品の大まかな部分でいいので把握しましょう。

まず下記3つの把握をしておきましょう。

  • 運用手法
  • 投資資産の分類
  • 指数(ベンチマーク)

✅運用手法

投資信託には運用手法が、「アクティブ型」「バランス型」「インデックス型」の3つあります。まずどの運用手法なのか知っておきましょう。

投資初心者には「インデックスファンド」をおすすめしています。

その理由とそれぞれの運用手法の解説をしています。詳しく知りたい方は参考にどうぞ。

【悩む余地なし】つみたてNISAはインデックスファンドを選ぼう

✅投資資産の分類

どのような資産に投資をするのかの知っておきましょう。

資産といっても「株式」「債券」「不動産」「コモディティ」「現金」など様々あります。

これらの資産にどのような比率で投資をするのか?またはどれかの資産のみの投資なのか?把握しておきましょう。

分散投資についての解説は④分散投資で行います。

✅指数(ベンチマーク)

投資信託は指数(ベンチマーク)に連動した投資成果を目指しています。なのでどのような指数(ベンチマーク)に連動しているか知っておくべきです。

投資信託の中には同じような指数(ベンチマーク)と連動するものが多くあるため、どのような指数(ベンチマーク)に連動しているか簡単にでも知っておくことで、似ているファンドの比較をすることができます。

比較ができると、より自分に合った優良ファンドを選ぶことができるでしょう。

②総純資産額

総純資産額はなるべく大きいものを選びましょう。純資産を見るうえで注目するポイントは下記の2つ。

  • 100億円(最低30億円)以上あるか
  • 純資産額の推移が右肩上がりか

上記の2点は注目しておきましょう。

✅100億円(最低30億円)以上あるか

投資信託の総純資産額が小さいと「繰上償還」をしてしまう可能性があります。

「繰上償還」とは簡単に言うと、ファンドが運用を停止することです。なので、総純資産額が大きいファンドほどリスクが低いといえます。

「どのくらいの規模があればいいの?」と思う人もいると思います。いろいろな考え方があるようですが、「30億円」を基準とする機関投資家が多いようです。

しかし、投資初心者はまずリスクの小さい、「100億円」を基準に探してみるようにしましょう。

✅純資産額の推移が右肩上がりか

総純資産額の推移も見るようにしましょう。

下図は純資産の推移のグラフです。このように右肩上がりのファンドが良いファンドです。

  • 右肩上がり:売りより買いが大きい⇒人気。運用成果もUPが見込める。
  • 右肩下がり:買いより売りが大きい⇒不人気。運用成果が下がるのみ。

投資信託の運用には新しい銘柄の購入・日々の売買などにお金が必要です。

そのため、総純資産額が大きく、右肩上がりで推移しているファンドは、そのようなアクションがとりやすく運用成果も高くなる見込みがあります。

逆に、総純資産額が小さく、右肩下がりで推移しているファンドは、アクションがとりにくいだけではなく、ファンドを売却する投資家も多いため、そこに資産を充てないといけません。

なので運用成果も下がっていくことが明白です。

総純資産額が大きく、右肩上がりで推移しているファンドを選びましょう。

③信託報酬

信託報酬は低ければ低いほど良いです。投資初心者はどんなに高くても信託報酬「0.5%以下」のファンドを選びましょう。

信託報酬が高いものと低いものを長期で積立て投資した場合、どのくらいの差が出るのかシミュレーションをしてみます。

  • 青色:年利5%/信託報酬0.1%/毎月30000円積立て/20年間
  • 黄色:年利5%/信託報酬1.0%/毎月30000円積立て/20年間

信託報酬0.1%(青色グラフ)は1219万円、信託報酬1.0%(黄色グラフ)は1100万円となり、119万円の差が生まれることがわかります。

たかが信託報酬0.9%の差ですが、長期で見ると100万円以上も違ってきます。

なので、なるべく信託報酬は小さいものを選びましょう。

手数料は細かくみると他にもあります。

投資初心者の方は信託報酬のみ見ておけばいいと思いますが、実際かかる本当の手数料(実質コスト)が知りたい人は、下記記事を参考に調べてみてください。

【隠れコストとは??】投資信託の実質コストの調べ方を解説。

④分散投資

どのくらい分散投資ができるのか見ておきましょう。投資初心者で分散効果が小さいファンドを選ぶのは怖いですよね…?

分散投資の見るべきポイントは下記の3つです。

  • ①資産分散
  • ②地域分散
  • ③セクター分散

上記3つの分散が取れているほど分散効果が得られ、リスクが低いファンドといえます。

分散投資について詳しく知りたい方は参考にこの記事をどうぞ。

【重要】分散投資の方法4選【本当にリスク低減できてる?】

⑤過去チャート

過去チャートを見ておきましょう。過去の実績を見ることで信頼感や安心感が得られますよね。

過去チャートを見るときのポイントは下記2点です。

  • できるだけ長いスパンで見る
  • チャートが右肩上がりを続けているか確認

できるだけ長いスパンでチャートを確認しましょう。ファンド設定日から現在までのチャートがいいです。

そして、長期的にチャートが右肩上がりを続けていることを確認しましょう。このようなファンドは今後も成長が続いていく可能性が高いです。

スポンサーリンク

おすすめ優良投資信託3選

おすすめ優良投資信託を紹介します。優良ファンドは他にもたくさんあると思いますが、今回は特におすすめする3つを紹介します。

おすすめする3つのファンドは下記のとおりです。

  • ①eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • ②eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • ③eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

上記のファンドを、投資信託を選ぶときに見るべきポイント5選に注目してみてみます。

①eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

ポイント5選についてまとめると下記のとおり。

  • ①商品内容:インデックスファンド・株式に投資・S&P500指数に連動
  • ②総純資産額:3,397.71億円(2021年3月31日時点)
  • ③信託報酬:0.0968%(2021年4月26日時点)
  • ④分散投資:アメリカのみ・約500社に投資
  • ⑤過去チャート:右肩上がり

下図は設定来から2021年4月26日までのチャートです。

引用;楽天証券 設定来~2021年4月26日チャート

5つのポイントを見てもとても優良なファンドと分かります。

②eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

ポイント5選についてまとめると下記のとおり。

  • ①商品内容:インデックスファンド・株式に投資・MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスに連動
  • ②総純資産額:1,346.58億円(2021年3月31日時点)
  • ③信託報酬:0.1144%(2021年4月26日時点)
  • ④分散投資:全世界49か国・約3000社に投資
  • ⑤過去チャート:右肩上がり
引用;楽天証券 設定来~2021年4月26日チャート

5つのポイントを見てもとても優良なファンドと分かります。

③eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

ポイント5選についてまとめると下記のとおり。

  • ①商品内容:インデックスファンド・株式に投資・MSCIコクサイ・インデックスに連動
  • ②総純資産額:1,835.30億円(2021年3月31日時点)
  • ③信託報酬:0.1023%(2021年4月26日時点)
  • ④分散投資:先進国22か国・約1300社に投資
  • ⑤過去チャート:右肩上がり
引用;楽天証券 設定来~2021年4月26日チャート

5つのポイントを見てもとても優良なファンドと分かります。

紹介した3つのファンドについて詳しく知りたい人は下記記事を参考にしてみてください。

【コアサテライト戦略】コアにおすすめな投資信託3選。投資初心者に向けた投資信託をまとめました。【私の投資先もあり】

まとめ:長期で安心して運用できる優良ファンドを選ぼう

以上、投資信託を選ぶときに見るべきポイント5選について解説しました。

投資信託は長期運用を前提として選ぶ方が多いと思うため、投資先を慎重に選ぶ必要があります。

間違った投資信託を選んでしまうと長期で保有しているのに全然資産が増えない。。。ということにもなりかねません。

逆に優良な投資信託を選ぶことさえできてしまえば、放置しているだけで資産が増えていきます

なので少し面倒ではありますが、今回解説したポイント5つは調べたうえで投資をするようにしましょう。

投資をするには口座開設が必要です。まだ口座開設をしていない人は【厳選】投資を始めたいあなたにおすすめなネット証券5選【まずは口座開設を】を参考にどうぞ。

この記事で投資の第一歩を後押しできたら幸いです。

というわけで、今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました