【投資初心者向け】コアサテライト戦略のメリット・デメリットは?

「コアサテライト戦略のメリットってなにがあるの…?デメリットはあるの…?運用のポイントってあるの…?投資初心者にでもわかるように教えてください。」

このような疑問に答えます。

近年の投資人気により、「コアサテライト戦略」を投資戦略として用いる人が増えてきています。

そこで「私も始めたいけどメリット・デメリットがわからないから踏み出せない!」「始めてみたけどデメリットを知らないから不安…」という人がいるのではないでしょうか?

そのように人に向けてコアサテライト戦略のメリット・デメリット運用のポイントについてわかりやすく解説していきます。

✅コアサテライト戦略とは

コアサテライト戦略とは、安定的に運用する守りの資産の「コア」(核)と、積極的に運用する攻めの資産の「サテライト」(衛星)を分けて考える投資戦略です。

これらを組み合わせて運用することで、リスクは抑えながら市場平均以上のリターンを期待する投資戦略です。

コアサテライト戦略の全体を理解できるような記事を書いていますので、参考にどうぞ▼

スポンサーリンク

コアサテライト戦略のメリット・デメリットは?

コアサテライト戦略のメリット・デメリットは下記のとおりです。

✅メリット

  • リスクを抑えながら市場平均以上のリターンが見込める
  • リスク許容度にあわせて柔軟にポートフォリオを変化できる
  • 楽しく投資ができる(退屈しない)

✅デメリット

  • ポートフォリオの管理が手間
  • サテライト銘柄には注意を向けておく必要がある

それぞれ解説していきます。

コアサテライト戦略のメリット3つ

リスクを抑えながら市場平均以上のリターンが見込める

コアサテライト戦略の「コア」と「サテライト」の特徴は下記のとおりです。

  • コア:守りの資産。リスクを抑えて安定したリターンを期待する。
  • サテライト:攻めの資産。集中投資によってハイリターンを期待する。ただし、リスクは高め。

コアサテライト戦略で大きな割合を占める「コア」部分で分散投資を行い、リスクを抑えることができます。ただし、分散投資のことを考えすぎてしまうと、リターンが小さくなってしまいます。

そこで、「サテライト」でリスクをとりつつハイリターンを狙っていきます。

このローリスクの「コア」・ハイリスクの「サテライト」をうまく組み合わせることで、リスクを抑えながら市場平均以上のリターンが見込めます

リスク許容度にあわせて柔軟にポートフォリオを変化できる

コアサテライト戦略は、個人のリスク許容度や投資目的にあわせてポートフォリオを柔軟に変化することができます。

例えば、投資を始めてすぐははコア:サテライト=10:0にしておき、投資に慣れてきてからコア:サテライト=8:2、さらにリターンが欲しければコア:サテライト=7:3のように組み換えが自由です。

「コア=守り」「サテライト=攻め」と目的がはっきりしているため、コア:サテライトの比率を考えやすいのもいいですね。

✅1つだけ注意点

リターンにばかり目が行ってサテライトの比率が大きくなりすぎないようにしてください。どれだけリターンが欲しくてもサテライトの比率がコアより大きくならないようにしましょう。

『コア>サテライト』この比率は必ず守りましょう。

楽しく投資ができる(退屈しない)

コアサテライト戦略では、コア銘柄はリスクが低く安定したリターンが見込めるため、買ったら放置状態になると思います。しかしそれでは退屈な人もいますよね?

サテライト銘柄は、ハイリスクのため日々の経済状況や景気、株価推移の確認などすることになるでしょう。よって投資経験が得られます

また、自分の好きな企業や、上昇見込みのある銘柄を買って、利益が出るのか・出ないのかを見ていくことも面白さの1つです。

このように楽しく・退屈せずに運用ができます。

人によるかもしれませんが、私はコアサテライト戦略を実践していて、大きなメリットと感じました。

コアサテライト戦略のデメリット2つ

ポートフォリオの管理が手間

日々の株価の動きによって自分の決めたコアとサテライトの比率が変化してきます。なので定期的なリバランスが必要です。

リバランスとは

元々決めたコア:サテライト=8:2が株価の変動によってコア:サテライト=6:4となったとします。これを元々決めたコア:サテライト=8:2に戻すことをリバランスといいます。このリバランスを行うことで下記のようなメリットがあります。

  • 最適なポートフォリオを保つことができる
  • リスクの取りすぎを回避できる
  • パフォーマンスの改善が見込める

また、複数の銘柄を持つと分散効果は得られますが、ポートフォリオの管理は大変になります。

「リバランス」をする際や、「銘柄組み換え」をする際は大変になってくるでしょう。

サテライト銘柄には注意を向けておく必要がある

サテライト銘柄はリスクが高く、値動きも激しいです。なので、日々の経済状況や景気、株価などを見ておかなければ、下落局面に気づくのが遅れ、損失が大きくなるかもしれません

これは、投資の面白さの1つでもあるため、「楽しく投資ができる(退屈しない)」というメリットとしても挙げています。

しかし、投資に時間をかけたくない人や、そこまで勉強したくない人にはデメリットとなるでしょう。そのような人はコア銘柄オンリーで投資することをおすすめします。

スポンサーリンク

運用のポイント3選

コアサテライト戦略を運用するポイントは下記3つ。

  • まずはコア:サテライト=8:2を基本に
  • 比率の変更はリスク許容度・年齢・投資目的をはっきりさせてから
  • コアはインデックスファンドで固めよう
まずはコア:サテライト=8:2を基本に

コアサテライト戦略を始めるなら、まずはコア:サテライト=8:2を基本に考えましょう。

コアの配分が多いため安定したリターンが期待できます。

コア:サテライト=8:2がおすすめな理由は下記記事を参考にしてみてください。

コアサテライト戦略を始めるのにおすすめな比率は8:2【投資初心者向け】

比率の変更はリスク許容度・年齢・投資目的をはっきりさせてから

コアサテライト戦略を運用していくうちに、コアとサテライトの比率を変えたくなる時が来ると思います。その時に自分のリスク許容度・年齢・投資目的を振り返ってください

「ハイリスクになりすぎませんか?」「本当に投資目的とあっていますか?」

私は実際、サテライトの投資が楽しくなり、どんどんサテライトの比率が大きくなってしまって失敗しています。

皆さんには同じ失敗をしてもらいたくありません。なので比率を変更するときには改めて振り返り、慎重に判断しましょう。

コアはインデックスファンドで固めよう

コアはインデックスファンドで固めることをおすすめします。

インデックスファンドとは、「日経平均株価(日経225)」や「S&P500指数」など市場全体の動きを表す代表的な指数(インデックス)に連動した投資成果を目指すファンドです。

インデックスファンドの特徴は下記のとおり。

  • 安定したリターンが得られる
  • ある程度の分散投資ができる
  • 手数料が安い

インデックスファンドは、市場全体に投資をするため、ある程度の分散投資ができ、安定したリターンが見込めます。また、手数料も安いため「コア」にとてもおすすめです。

コアにおすすめな投資信託・ETFを紹介した記事です。参考にどうぞ。

【コアサテライト戦略】コアにおすすめな投資信託3選。投資初心者に向けた投資信託をまとめました。【私の投資先もあり】

【コアサテライト戦略】コアにおすすめなETF3選。投資初心者に向けたETFをまとめました。【私の投資先もあり】

まとめ:投資初心者はコアサテライト戦略を試してみる価値あり

以上、コアサテライト戦略のメリット・デメリットと運用のポイントを解説しました。

コアサテライト戦略はリスクも抑えつつ、サテライトでリスクの大きめな投資の経験ができます。

コアとサテライトの配分を自分で決めることができるため、投資初心者が個別銘柄投資などを始めるきっかけとして、コアサテライト戦略を使ってみてもいいでしょう。なにごともまずはチャレンジ。

実際私もインデックスファンドで積立て投資を始めて、ある程度コアが固まってから個別株投資を始めました。

コアサテライト戦略は投資初心者にも運用しやすい投資戦略です。投資初心者の方はコア:サテライト=8:2からチャレンジしてみてください。

というわけで、今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました