工場

【工場勤務】通勤時の服装は何がいい?押さえておくべきポイントも紹介

工場に通勤する人

工場で働いています。うりです。

工場勤務になった人で、

  • 通勤時の服装は何がいいの…?
  • みんなどんな服装をしているの…?
  • 初出勤の時の服装はどうしたらいいの…?

と不安になる人もいると思います。

そこでこの記事では、実際に工場勤務の私が、

  • 通勤時の服装は何がいいのか
  • 初出勤の服装は何がいいのか
  • 通勤時の服装選びで押さえておくべきポイント
  • 私の服装の一例

について解説していきます。

通勤の不安を解消できる記事になっています。ぜひご覧ください。

うり
うり

 【自己紹介】

  • 20代後半
  • 大手電子部品メーカー勤務
  • 製造工場配属
  • ライン工歴2年
  • 設備保全職6年目
  • 3交代勤務実施中
スポンサーリンク

【工場勤務】通勤時の服装は何がいい?

ぶっちゃけ、なんでもOKです。

よく見るのは、

  • チノパン
  • ジーパン
  • Tシャツ
  • パーカー
  • ダウンジャケット

ですね。これらを季節によって、組み合わせている感じです。

私の工場では、カジュアルな服装をしている人がほとんどです。仕事終わりのぺちゃんこになった髪を隠すためにキャップをかぶっている人もいます。

また、工場にスーツで出勤している人はほとんど見ません。一部のお偉いさんか、外部から来られた人くらいです。

困り人
困り人

基本的にはなんでもいいんだ!

こなら、服装選びでここは押さえておいたほうが良い!というポイントってないの?

服装選びで押さえておくべきポイント

工場勤務の通勤で押さえておくべきポイントは、下記3つ。

  • サンダルはNG
  • 極力長ズボン
  • 極力アクセサリーをつけない

工場での仕事は、とにかく安全第一を求められます。

「通勤時にけがをしないこと。」「仕事中にけがをしないこと。」

を考えたときにこれらのポイントは押さえておきたいです。

目的を含めてまとめると、

  • 転ばないためにもサンダルではなく、歩きやすい靴を。
  • 転んでもけがをしないよう、極力長ズボンを。
  • 設備に巻き込まれないよう、極力アクセサリーはつけない。

になります。とにかく安全第一ですので、意識しておきましょう。

困り人
困り人

安全面を意識することは分かりました!

作業着通勤ってどうなの?

作業着通勤はあり?

作業着通勤に関しては、会社によってOK/NGが分かれますので確認が必要です。

私は現在、作業着で通勤をしています。

そこで感じるメリットをまとめると、

  • 服を選ぶ時間が削減できる
  • 会社で作業着に着替える時間が削減できる
  • 服を選ばなくていいため楽
  • 洗濯物が減る

ですね。

うり
うり

作業着で通勤してから、少しだけ朝に時間の余裕ができました。

あとは、なんといっても楽!

デメリットと感じる部分は、

  • 通勤のときに周りから会社の一員として見られる
  • 仕事終わりなどに、お店など行きにくい

ですね。

うり
うり

通勤のときから「会社の一員として見られている」とプレッシャーを感じます。

悪いことをしているわけではないのですが…。

メリット・デメリットを含めて考えても、作業着通勤はおすすめできます。

初出勤はスーツが無難

通勤の服装について解説しましたが、初出勤の場合はスーツが無難でしょう。

というのも、

  • 通勤時の服装のまま入社式
  • 通勤時の服装のまま研修

があるかもしれないからです。

作業着を事前に配られているのであれば、作業着で入社式や研修があると思いますが、配られていない場合はスーツが無難でしょう。

周りがスーツで一人だけカジュアルな服装だった時を考えてみてください。かなりきついですよね…。

この場合を考えると、もし周りがスーツでなかったとしても、スーツで出勤していたほうがましですよね。

スポンサーリンク

私の服装の一例

イメージしやすいように、私が通勤するときの服装を紹介しておきます。

  • 電車通勤をしていた時(過去)
  • 車通勤のとき(現在)

について、夏Verと冬Verでそれぞれ紹介しておきます。

電車通勤のとき

基本的に、チノパンやジーパンにTシャツに黒キャップです。

そこに、スニーカーを履いて、ボディバッグに最低限のものを入れて通勤していました。

イメージはこんな感じ。(もちろんアクセサリーはなしで、腕時計だけつけていました。)

げんじさんの「【WYM LIDNM】HEAVY WEIGHT BASIC BIG-TEE/カットソー(WYM LIDNM)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/

ぶっちゃけ、夏は適当に選んでました(笑)

一応おすすめを紹介しておくと、ディッキーズのチノパンは、安く・私服でも使えるデザイン・丈夫なのでいいですよ。

Tシャツはなんでもいいと思います。

また、荷物の量によってバッグの大きさが変わると思います。

いろいろなタイプの通勤におすすめなバッグを紹介していますので、参考にしてみてください▼

>>工場勤務でおすすめの通勤バッグは?【おすすめバッグ9選も紹介】

冬はとにかく寒さを防ぐため、ダウンジャケットを着ていました。

イメージはこんな感じ。

げんじさんの「【WYM LIDNM】HEAT FIBER DOWN JACKET(WYM LIDNM)」を使ったコーディネート
引用:https://wear.jp/

ダウンの下にも、ニットやパーカーを着込んで寒さ対策をしていました。

ダウンジャケットのおすすめはこれ!

人気のノースフェイスですが、やっぱり暖かくてかっこよくて良いです。

車通勤のとき

車通勤になってからは、周りの目が気にならないため作業着で通勤するようになりました。

うり
うり

私の働く工場は、作業着で通勤OKです。

夏は、作業着ズボンにTシャツです。

通勤時に汗をかいて、べたべたな状態で仕事をするのが嫌なので、上着だけは会社で着替えるようにしています。

冬は、上下作業着にダウンジャケットを着ています。

私の働く会社は、駐車場から仕事現場が少し離れているため、車通勤になっても寒さ対策は必須です。

なので、冬場はダウンジャケットが離せませんね。

まとめ:ポイントを押さえておけば、通勤の服装は自由度が高い

工場勤務での通勤時の服装について解説しました。

通勤時の服装は、自由度の高い工場がほとんどです。

ただし、解説したように服装のポイントだけは押さえておきましょう。

もう一度ポイントをまとめておきます。

  • サンダルはNG
  • 極力長ズボン
  • 極力アクセサリーをつけない

あとは通勤時の暑さ・寒さ対策をしっかりして、快適な通勤をしていきましょう。

というわけで今回は以上です。

この記事で、通勤時の服装について少しでも参考になればうれしいです^^

にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました