【長期投資では必須知識】複利とは?単利と比較しながら解説

「複利って何…?単利との違いは…?メリット・デメリットはあるの…?どうやって恩恵を受ければいいの…?投資初心者にでもわかるように教えてください。」

このような疑問に答えます。

皆さんは利子の種類である「単利」と「複利」という2種類の言葉を聞いたことがありますか?

その中でも「複利」は、有名なアインシュタインが「複利は人類による最大の発明だ。」というほど資産形成を行う上で重要な考え方です。

「複利」を知るか知らないかでは将来の資産形成のスピードに大きな差が出てきます。

そこで、「複利って何?」「単利との違いは?」「メリット・デメリットってあるの?」「恩恵を受けるにはどうしたらいいの?」という疑問を抱く人も多いでしょう。

そのような人に向けて「単利」と「複利」の違い「複利」のメリット・デメリットについてわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

【長期投資では必須知識】「単利」と「複利」とは?

「単利」と「複利」について理解しておきましょう。

単利とは

「単利」とは預金元本にのみ利息がつく考え方です。

例として、100万円を年利5%のところに預けたとします。

・1年目

預金元本100万円 × 年利5% = 利息5万円

預金元本100万円 + 1年目利息5万円 = 1年目合計105万円

・2年目

預金元本100万円 × 年利5% = 利息5万円(1年目と同じく利息5万円)

預金元本100万円 + 1年目利息5万円 + 2年目利息5万円 = 2年目合計110万円

・3年目

・4年目…

と同様な計算になっていきます。

単利 100万円を年利5%のところに預けた場合

グラフを見ると投資期間の長短にかかわらず、直線的に資産が増加していることがわかります。

「利息」と聞かれて、単利をイメージする方が多いのではないでしょうか?

複利とは

「複利」とは利息が預金元本にプラスされた上で次の利息計算を行う考え方です。

発生した利息にまた利息がついて、その利息にまた利息がついて…のようなイメージです。

例として、100万円を年利5%のところに預けたとします。(単利計算時の例と同様)

・1年目

預金元本100万円 × 年利5% = 利息5万円

預金元本100万円 + 1年目利息5万円 = 1年目合計105万円

・2年目

預金元本100万円+利息5万円) × 年利5% = 利息5.25万円

1年目利息5万円 + 2年目利息5.25万円 = 利息合計10.25万円

預金元本100万円 + 利息合計10.25万円 = 2年目合計110.25万円

1年目の利息を預金元本プラスした分で2年目の利息を考えるため、2年目の利息は1年目の利息より少し増えていますね。

・同様に3年目も計算してみます

預金元本100万円+利息合計10.25万円) × 年利5% = 利息5.5125万円

1年目利息5万円 + 2年目利息5.25万円 + 3年目利息5.5125万円 = 利息合計15.7625万円

預金元本100万円 + 利息合計15.7625万円 = 3年目合計115.7625万円

2年目の利息より3年目の利息のほうが増えています。

・4年目

・5年目…

と同様な計算になっていきます。

複利 100万円を年利5%のところに預けた場合

期間が長くなれば長くなるほど、グラフの傾きが大きくなっている(増える幅が大きくなっている)ことがわかります。

スポンサーリンク

単利と複利の比較

「単利」と「複利」の違いが分かったところで比較してみましょう。

例として、100万円を年利5%のところに預けた場合です。

100万円を預けて運用していただけですが、どちらも資産がかなり増えていますね。

20年目に注目すると、「単利」と「複利」には65万円もの差ができています。

単利と複利比較 100万円を年利5%のところに預けた場合

またグラフを見ると、期間が長くなればなるほど、「複利」は「単利」より金額が増えていく(差が広がっている)ことがわかります。

したがって、「複利」は長期投資をすることで効果を最大限に発揮することがわかります。

複利のメリット

複利のメリットを解説していきます。

①資産形成スピードが速い

先ほど、「単利」と「複利」を比較した通り、複利は長期的に考えると資産の増え幅が大きくなります。

したがって長期的に資産形成を行うことを前提に考えると、「複利効果」を活用することで資産形成のスピードは圧倒的に早くなるといえます。

②投資信託・株式投資など広く活用できる

投資信託や株式投資などでは、購入した商品を売らなければ、生じた利益(値上がり益など)を自動的に投資に回してくれるため「複利効果」を得ることができます。

このように投資信託や株式投資、NISAなど多くの場面で複利運用の活用ができることもメリットです。

複利のデメリット

デメリット・注意点もありますので気を付けましょう。

①資金が拘束される

「複利効果」は増えた利息分も含めて長期間運用することで効果を発揮します。

したがって、運用に回した資金は長期的に拘束されることになります。

お金をちょこちょこ引き出してしまう人は注意です。複利効果のために我慢しましょう!

私も個別銘柄の株価が下がってくるとどうしても売りたくなってしまいますが、複利効果の勉強をしてから売らないよう我慢しています(;’∀’)

売らないことで今後成長していく株は複利効果によって利益が大きくなるからです。

ただし、今後成長しない株は、複利効果を得られないため売ってしまっていいでしょう。

②マイナスリターン時に弱い

今まで「複利」については、プラス運用前提で話をしてきました。

「複利」は運用での損益を投資資金につぎ込むので、運用している株が購入金額を下回る状況になると、投資資産がマイナスになることもあります。

したがって「複利効果」を活用するためには、リスクを抑えた、安定してプラス運用できる銘柄を選ぶようにしましょう。

リスク低減には「分散」が基本です。分散投資を意識して銘柄を選ぶとよいでしょう。

分散投資の方法について書いた記事です。参考にどうぞ。

【重要】分散投資の方法4選【本当にリスク低減できてる?】

「複利効果」の恩恵はまず「つみたてNISA」で受けよう!

「複利効果」の恩恵を受けるポイントとは下記のとおり。

  • 長期運用
  • 損失リスクの低い商品の運用
  • 安定してプラス運用できる商品の運用

ここでまず「複利効果」を実感するために投資初心者おすすめしているのが、「つみたてNISA」です。

つみたてNISAとは、2018年1月からスタートした少額の投資を支援するための非課税制度です。

毎年40万円を上限として商品の購入ができ、その投資信託で得られた利益について最大20年間非課税となります。

つみたてNISAについての詳細についての記事です。参考にどうぞ。

【かなりお得】つみたてNISAとは?メリット・デメリットも解説

「つみたてNISA」の特徴は「複利効果」の恩恵を受けるポイントと一致しています。

したがって、「複利効果」の恩恵は、まず「つみたてNISA」で感じてみることをおすすめします。

まとめ:複利をフル活用して資産形成を

「複利」が長期投資にとても有利だということがわかっていただけたと思います。この「複利」の意味を早い段階で理解することで将来の資産に大きな差がつきます。

「複利効果」が得られ、リスクが低く、少額から始められる、「つみたてNISA」がありますので投資になかなか踏み出せない人は、挑戦してみてほしいです。

途中でやめることもできますので!

投資やつみたてNISAを始めるには証券口座の解説が必要です。

おすすめの証券口座を解説していますので参考にどうぞ。

【厳選】投資を始めたいあなたにおすすめなネット証券5選【まずは口座開設を】

というわけで今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました