設備メンテナンスの仕事は楽って本当?【経験年数・保全体制によります】

この記事がおすすめな人
  • 設備メンテナンスの仕事が楽か知りたい人
  • 保全職での就職の可能性がある人
  • 保全職へ転職を考えている人
ぞうさん
ぞうさん

保全マンが行う設備メンテナンスの仕事って、あまりよくわからないけど楽なの?教えて!

このような疑問に答えます。

設備メンテナンスについて調べると、「楽で暇な時も多い」という記事をよく見ます。

実際に保全マンとして設備メンテナンスを行っている私目線で、本当に楽なのか解説していきます。

うり
うり
  • 20代前半
  • 一部上場企業の工場勤務社員
  • 設備保全マン
  • 4直3交代勤務
  • 工場勤務・保全歴5年目
  • Twitterアカウント:うりさん
スポンサーリンク

設備メンテナンスの仕事は楽って本当?

さっそく結論ですが、設備メンテナンスの仕事はきついところがほとんどです。

きつい部分はたくさんありますが、私が感じる大きな部分はこの通り。

  • 危険がつきもの
  • 人員不足で残業が当たり前
  • 専門知識の勉強が必要
  • 保全の上司と製造現場から、プレッシャーの挟み撃ち

会社にもよると思いますが、基本的には大変ですね。。。

意外と知らない保全マンの実態(私の会社)

「保全マンって設備を直すだけが仕事じゃないの?」 と思っている人が多い印象です。

ですが、それ以外にもたくさん仕事はあるんです。。。

保全マンの実態について詳細記事を書いていますので、見てみてください。

設備メンテナンスの仕事を楽という人の特徴

しかし、設備メンテナンスの仕事を楽という人もいるのは確かです。

そのような人の特徴は下記の通り。

  • 経験年数が長く知識が豊富
  • 直接設備メンテナンスをしない保全体制

経験年数が長く知識が豊富

設備メンテナンスで大きな負担となるのが、わからないところを調べるという作業です。

専門知識や設備の知識はもちろんのこと、会社による申請関係やルールなどを調べる必要があるんですよね。。。

したがって、

「経験年数が長く、会社の申請関係やルールについて知っている人」

「専門知識や設備の知識が豊富な人」

は、スムーズに仕事を進めることができるため楽といえるでしょう。

直接設備メンテナンスをしない保全体制

設備が故障したときの対応は、大きく分けて2種類あります。

  • 保全マンが直接設備をメンテナンスする
  • 業者にメンテナンス依頼をして立ち合いのみ

これらの大きな違いは、「直接作業する」「見ているだけ」かです。

どちらがきついかは明らかですよね。。。

そのため、直接設備メンテナンスをしない保全体制の会社は比較的楽といえるでしょう。

スポンサーリンク

仕事を楽にするには?

では、きつい設備メンテナンスの仕事を楽にするにはどうしたらいいのでしょう?

大きく下記3つが考えられます。

  • 専門知識を蓄える
  • 再発しないメンテナンス対応/故障しない設備に改善
  • 仕事を辞めるor転職する

専門知識を蓄える

まずは、専門知識を少しずつ蓄えましょう。

ただ単に勉強するのではつまらないため、勉強しながら資格も狙ってみることをおすすめします。

  • 機械保全技能士(機械系保全作業)
  • 機械保全技能士(電気系保全作業)

まずは、上記の資格を狙ってみることをおすすめします。

上記の資格を取得することで、深い保全の知識がつくことはもちろん、「昇給・昇進に有利になる」「就職・転職に有利になる」というメリットもあります。

うり
うり

私は機械系の保全技能士2級を持っています。

1か月勉強を頑張り取得できました!

機械保全技能士に少しでも興味がある人は、下記記事で解説していますので参考にどうぞ。

また、実際に私が資格勉強に使った教材も紹介しています^^

再発しないメンテナンス対応/故障しない設備に改善

再発しないメンテナンス方法の確立や、故障しない設備は、設備メンテナンスをする保全職としては最高の環境ですね。

しかし、これはレベルが高く、時間もかかります。

長期的に根気強く取り組める人は、良いのかもしれません。

再発させないトラブル対応について下記記事で解説しています。参考にしてみてください。

仕事を辞めるor転職する

仕事を楽にするには、最も簡単でスピーディな方法です。

他にやりたいことがある人は、すぐに行動に移しましょう!

その方が、あとで後悔は減らせるはずだし、興味のある分野であれば頑張れるし努力もしやすいはず。

週5日間も働くのであれば、きつく、危険もある設備メンテナンスより、興味のある仕事に転職するのもアリ!

おすすめ大手転職サイト

保全マンを辞めて、転職してみたいと感じたら、まずは職場探しだけでもしてみましょう!

ほとんどの人が、1歩目の行動ができずズルズルいってしまうらしい…。

後悔しないよう、まず行動してみては!?

おすすめ転職エージェント(完全無料・いつでも退会OK)

  • マイナビジョブ20’s:大手マイナビの運営する、20代に特化したエージェントサイト。20代の人に特におすすめ。

大手の転職エージェントで、完全無料・いつでも退会OKのため、とりあえず登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。

なかなか辞めると言い出せない人は「退職代行」の活用を

退職を代行してくれるサービスです。

数万円かかりますが、どうしても会社を辞めたいという人は使うのもアリだと思います。

参考に退職代行サービスを紹介

まとめ:大変だが経験を積めば徐々に楽になる

記事のポイントをまとめます。

  • 設備メンテナンスの仕事は、基本的にきつい
  • 専門知識が豊富で経験年数が長いと楽な人もいる
  • 直接設備メンテナンスをしない保全体制であれば楽
  • 自分で仕事が楽になるよう、最初は努力するしかない
  • やりたいことがあるなら、転職もアリです

こんな感じ。

努力をして、徐々に仕事を楽にしていくまで頑張れるのか。

ここがポイントになっていくのかなと思います。

というわけで今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました