設備保全

設備保全に向いている人の特徴7つ【チェックリスト作りました】

設備保全の仕事をしています。うりです。

この記事では、「設備保全に向いている人の特徴」について解説します。

というのも、

  • 設備保全って難しそう…。
  • 私にもできるの…?
  • 設備保全に興味が出てきたけど、向いているのかな…?

というような、不安の声を聞きます。

この記事では、実際に設備保全として働き、新人教育も行っている私が、

  • 設備保全に向いている人の特徴7つ
  • チェックリストを使って設備保全の適性を見極めよう
  • 設備保全は未経験からでもできる

について解説していきます。

向いている人の特徴に多くあてはまる人は、設備保全の仕事を検討してみるのもアリですね^^

うり
うり

 【自己紹介】

  • 20代後半
  • 大手電子部品メーカー勤務
  • 製造工場配属
  • ライン工歴2年
  • 設備保全職6年目
  • 3交代勤務実施中

スポンサーリンク

設備保全マンに向いている人の特徴7つ

設備保全マンに向いている人の特徴は下記7つ。

  • ①機械いじりが好きな人
  • ②4直3交代勤務に耐えられる人
  • ③すぐにイライラしない人
  • ④小さな変化に気付ける注意力がある人
  • ⑤考察・分析できる人
  • ⑥人と話すことが苦じゃない人
  • ⑦臨機応変に対応できる人

1つ1つ解説していきます!

①機械いじりが好きな人

機械のメンテナンスをする人のイラスト

機械いじりが好きな人、機械を触るのに抵抗がない人が向いています。

これは、最も大切な項目だと私は思います。

設備保全の仕事は、機械のメンテナンスやトラブル対応、改善などがあり、1日中機械を触っていたり、考える必要があります

機械好きにはたまらない仕事です!

実際の仕事内容について知りたい人は、この記事に目を通してみてください▼

②4直3交代勤務に耐えられる人

設備保全マンは、基本的に4直3交代勤務があります。

4直3交代勤務とは、「24時間を3つに分けて、それを4班で回す勤務形態」です。

下記のように、24時間を3つに分け、それぞれを『朝勤・昼勤・夜勤』と言います。

※会社によって、時間の分け方は多少違うため参考程度で

  • 朝勤:9:00~17:00
  • 昼勤:17:00~1:00
  • 夜勤:1:00~9:00

朝勤・昼勤・夜勤の中で、夜勤がきついという人が多いです。

夜勤をうまく乗り切れる人であれば、4直3交代勤務のメリットは大きいため、向いていると言えます。

4直3交代勤務とは?メリット・デメリットについて解説しています▼

③すぐにイライラしない人

設備保全の仕事は、イライラしそうになる場面が多くあります。

私が思いつくだけでも、

  • 設備トラブルが一気に発生し、手が回らない
  • 点検などの毎日同じ作業
  • ねじが入らない、緩まない
  • 作業しにくい部分の対応
  • 設備トラブルが全然直らない
  • 上司や他部門からのプレッシャー 

などなど、まだまだ挙げきれないほどあります。。。

設備保全であれば、ねじが中々入らない・緩まない、手元の見えない作業しにくい部分の対応は鉄板ネタです(笑)

このように、イライラしそうになる場面が多くあり、イライラしてしまうと作業に大きな影響が出てくる仕事です。

なので、心にゆとりのあるイライラしない人は向いています。

④小さな変化に気付ける注意力がある人

指差し呼称のイラスト

設備トラブルは、小さな変化があった時に起こることが多くあります。

そのため、定期メンテナンスの時や日々の保全業務の時に、変化点に気付くことで、未然に設備トラブルを防ぐことができます

また、「設備トラブルがなかなか直らない。」というときにも、小さな変化に気付ける人は、早く原因の特定をできる人が多いです。

設備保全マンとして仕事ができると会社で言われる人は、特にこの能力が秀でている印象です。

⑤考察・分析できる人

データ分析のイラスト

予期せぬ設備トラブルや故障が起こった時、考察・分析できる人はとても良いです。

「なぜトラブルが起こったのか?」考察・分析し、いち早く原因特定をすることができます

設備保全マンの中には、「ここの部品が壊れてそうだからとりあえず交換してみる。」というような、根拠のない対応をする人が多くいます。

このような対応では、結局復旧までに時間がかかったり、再発をしてしまうことも多いです…。部品費も余計にかかりますし。

設備保全マンは、設備トラブルが発生した時にいち早く復旧させ、被害を最小限に抑えることが求められます。

そのため、考察・分析できる人はとても向いていると言えるでしょう。

⑥人と話すことが苦じゃない人

楽しく同僚と話す会社員のイラスト

設備保全マンは、製造オペレーターや他部署の人たちと話す機会がしばしばあります。

一例ですが、

  • トラブルの発生状況の確認
  • 点検やトラブル対応の進捗報告
  • 他部署からの設備に関する質問の回答
  • 設備保全での引継ぎ

など、まだまだあります。

このように設備保全は、毎日いろいろな人とコミュニケーションを取る場面があります。

そのため、人と話すことを苦と感じてしまう人はきつい仕事です。

⑦臨機応変に対応できる人

反復横跳びのイラスト(男の子)

設備保全では、予期せぬことが多く起こります。

例えば、

  • 予期せぬ設備故障
  • 予期せぬ品質不具合
  • 予期せぬ急な生産計画の変更
  • 急な設備調査依頼

などなど多くあります。

そんな中で、生産を遂行するために、臨機応変に対応していかなければいけません

そのため、予期せぬことが多く起こっても、柔軟に臨機応変に対応できる人が向いていると言えます。

スポンサーリンク

チェックリストを使って設備保全の適性を見極めよう

向いている人の特徴7つを解説しましたが、この中でも最重要(MUST)な特徴が2つあります。

それが、

  • 機械いじりが好きな人
  • 人と話すのが苦じゃない人

です。設備保全で働くなら、この特徴をクリアしていないときついと思います。

そこで、チェックリストを作ってみましたので、適性を診断してみてください。

適性の参考値はこんな感じ。

  • 最高適正:MUST2つ。WANT5つ。
  • 高適正:MUST2つ。WANT4~3。
  • 中適正:MUST2つ。WANT2~1。
  • 低適正:MUST2つ。WANT0。
  • 適正なし:MUST1~0。

MUSTの項目2つの中の1つでもチェックが入らなければ、適性はないと思っています。

そのくらい重要な特徴です。

逆に、チェックが多く入る人は、設備保全の仕事をとても楽しめると思います。

設備保全は未経験からでもできる

困り人
困り人

設備保全に興味がわいてきた。適性もある!

けど未経験者でもできるの…?

このような不安が拭えない人も、いると思います。

結論、未経験からでもできます。

設備保全は、

  • 基本マニュアル通りの作業
  • 新人教育の期間が長い
  • 先輩社員と複数人で仕事をするため、分からない部分のフォローがある

という特徴があります。

そのため、未経験だから…。と心配する必要はありません。

うり
うり

私も、未経験から今でも働いているよ!

詳細はこの記事で解説しています。ぜひ目を通してみてください▼

まとめ:頭の良さは関係ない。機械好きに向く仕事。

設備保全は難しそうと思われがちですが、頭の良さは関係ありません

というより、「機械が好き」「人と話すのが苦じゃない」という人なら、誰でもできます。

適性のある人は、転職の候補に設備保全もありだと思います。

少しでも気になれば、とりあえず求人を見てみるのはアリかと。
リクルートエージェント」は求人数も多く、とりあえずにおすすめです。
無料ですし、意外と魅力的な求人が転がっていますよ。

というわけで今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました