【工場勤務を希望する就活生へ】人間関係の良し悪しを見抜くためのポイント2つ

この記事がおすすめな人
  • 工場で働こうと思っている人
  • 工場の人間関係の良し悪しを見抜きたい人
  • 就活生
ぞうさん
ぞうさん

工場で働きたいんだけど、人間関係が心配だなぁ…。

事前に良し悪しが見抜けたらいいんだけど…。何かいい方法はないの?

このような疑問に答えます。

「工場に就職してみたら、人間関係が最悪だった…。」

こんな状況に陥りたくないですよね。

正直、仕事の充実度は仕事内容ではなく、職場の雰囲気で決まります。

やりたかった仕事でも、職場の人間関係や雰囲気が悪いと嫌になりますよね。。。

本記事では、そのような状況に陥らないために、事前に人間関係の良し悪しを見抜くポイントを紹介します。

記事は3分程度で読めますので、ぜひ最後までお付き合いください^^

うり
うり
  • 20代前半
  • 一部上場企業の社員
  • 設備保全マン
  • 保全歴5年目
  • Twitterアカウント:うりさん
スポンサーリンク

工場の人間関係の良し悪しを見抜くためのポイント2つ

人間関係の良し悪しを見抜きたい人は、最低限2つのポイントは見ておきましょう。

  • ①離職率の低い会社・工場か確認
  • ②工場見学に行って社員の姿・雰囲気を見る

①離職率の低い会社・工場か確認

最もわかりやすいのが離職率です。

離職率の高い会社は、辞めていく社員が多いということです。

辞めていく社員が多いということは、まず人間関係はよくないと言えます。

まずは、働きたいと思える会社の離職率を比較してみましょう。

②工場見学に行って社員の姿・雰囲気を見る

工場での勤務を希望する人の多くは、どのような作業をするのか工場見学に行くことがあると思います。

そこで、作業だけではなく、職場の雰囲気も感じてみましょ。自分で会社の人間関係を感じ取れるためとてもおすすめです。

しかし、働きたい工場すべての見学に行くことは大変ですよね。

せっかく工場見学に行けるのであれば、しっかりと人間関係について見抜きたいところです。

どこに注目すればいいの?

見学時には下記2つに注目しましょう。

  • 案内をしてくれる人の態度
  • 企業見学に関係のない社員の態度・表情

まずは、案内をしてくれる人の態度が悪い会社はかなりやばいです。

入社してくれる可能性がある見学者に対して態度が悪いということは、社員の管理がかなりずさんな会社ですね。

そんな会社は、確実に職場の雰囲気などにも目を向けられていない人間関係もやばめな会社です。

絶対に就職しないようにしましょう。

✅悪い態度の例

  • あいさつしない・されない
  • 口調が上から
  • やる気が感じられない など

とはいうものの、企業見学で案内をしてくれる人は愛想のいい人を採用されることが多いです。

うり
うり

私も先輩社員として企業見学の案内をしたことがありますが、いつも以上にニコニコしてこなしていました。。。(笑)

そのため、企業見学に関係のない社員の態度や表情を見てみましょう。素の状態が見れます。

例えば、「すれ違う社員が誰もあいさつをしていない」「下を向いて歩いている」「会話している姿を見ない」のような会社は注意です。

新入社員にも冷たい態度だったり、人間関係も悪い可能性が高いです。

反対に、「すれ違う社員が当たり前のようにあいさつをしてくる」「笑顔で働いている」ような会社はとてもいい環境の職場でしょう。

スポンサーリンク

入職してから良い人間関係を築くコツは?

当たり前ですが、いくら人間関係の良い会社に就職しても、自分の態度が悪ければ嫌われます。

良い人間関係を築くため、下記の項目を取り組みましょう。

  • あいさつをする
  • しっかりとコミュニケーションを取る
  • 一生懸命仕事に取り組む
あいさつをする

あいさつは当たり前ですよね。しっかりしましょう。

しっかりとコミュニケーションを取る

社会人として最低限のコミュニケーションは必要です。これはどこの会社でもですね。

報告・連絡・相談をしっかりしましょう。

さらに良い人間関係を築くには、仕事以外のコミュニケーションも取りたいところです。

でも正直、工場・製造業は、コミュニケーションをとる機会はほかの職種と比べて少ないです。

そのため、自分からコミュニケーションを取りに行くことが大切です。

一生懸命仕事に取り組む

与えられた仕事を一生懸命こなしましょう。

一生懸命に仕事をする姿を見ると、いやな気はしないですよね。

工場のライン作業などで、過剰なミスをしなければ人間関係も悪くなることはないでしょう。

私の周りで聞く話ですが、最近入社してくる人は「やると仕事は早いのに、一定のラインまでしか仕事をしない」と聞きます。

このように「一生懸命の姿勢が見られない人」を毛嫌いする人が多いようです。

やはり一生懸命仕事に取り組む姿を見せることが大切です。

それでも心配な人は?

それでも心配な人は、本を読んで勉強・イメージしてみるのもアリです。

ただし、1冊で十分です。

本で勉強より、やはり実践が大切!

人間関係の良い工場に就職しよう

仕事の充実度は、人間関係に大きく左右されます。

別にやりたかった仕事じゃなくても、人間関係の良い職場なら意外と楽しく続けることができるものです。

また、職場の雰囲気が良い会社であれば、コミュニケーションが苦手な人でも自然と打ち解けることもできます。

そのくらい人間関係は重要ですので、慎重に選んでいきましょう。

というわけで今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました