設備保全

【きつい】設備保全マンの実態【人員不足・危険・ブラック】

設備保全の仕事をしています。うりです。

この記事では、「設備保全マンの実態」について解説します。

というのも、

  • 設備保全の仕事って、設備を直すだけでしょ?
  • 暇な時間が多くて楽なんでしょ?

というように、設備保全の仕事について知らない人や、設備保全の実態を知らない人をたくさん見ます。

また、調べても良いことばかり書いているサイトが多い。。。

ですが、設備保全の実態はかなりきつい部分もあるんです!

そこでこの記事では、

  • 設備保全の仕事って何をするの?
  • 設備保全の実態について
  • 設備保全の良いところは?

について、解説していきます。

※すべての職場の保全マンがそうであるとは限りませんので、参考程度にお願いします。

うり
うり

 【自己紹介】

  • 20代後半
  • 大手電子部品メーカー勤務
  • 製造工場配属
  • ライン工歴2年
  • 設備保全職6年目
  • 3交代勤務実施中

スポンサーリンク

設備保全の仕事って何をするの?

設備保全の主な仕事内容は、工場で稼働している設備やロボットの『点検』『修理』『改善』です。

目的はこんな感じ。

  • 設備が壊れて停止しないように『点検』
  • 壊れた設備をなるべく停止させないよう『修理』
  • 低いコストで効率よく生産できる設備に『改善』

とにかく、設備を安定して最大限の能力で稼働させるのが大きな役目です。

設備保全では 『点検』『修理』『改善』 のことをこのように言います。

  • 予防保全(PM):点検
  • 事後保全(BM):修理
  • 改良保全(CM):改善

では、実際にはどのような作業をするのか?解説していきます。

予防保全(PM)

機械のメンテナンスをする人のイラスト

予防保全とは、一定期間で設備のメンテナンスや部品交換を行い、設備が突発トラブルで停止する可能性を低減させる作業のことを言います。

計画的に作業ができるため、生産への影響を出すことなく作業ができます。

予防保全には、日常点検や定期点検があります。

事後保全(BM)

警報に気づいた人のイラスト(男性)

事後保全は、設備が突発トラブルによって停止した場合に、設備の修理を行い復旧させることです。

事後保全は、故障個所の特定や分析、メンテナンス作業と、保全マンの対応時間も長くなってしまう傾向があります。

また、突発での設備停止のため生産への影響も大きくなります。

なので、最優先で対応しなければならない保全対応です。

改良保全(CM)

改良保全は、事後保全の低減やコストダウン、安全対策などの取り組みをすることをいいます。

PDCAを回して、設備や作業現場の環境をよりよくしていく保全ですね。

もっと詳しく仕事内容が知りたい人は、こちらの記事も目を通してみてください▼

スポンサーリンク

つらい設備保全マンの実態

つらい設備保全マンの実態は下記の通り。

  • 危険がつきもの
  • 人員不足で残業が当たり前
  • 専門知識の勉強が必要
  • 保全の上司と製造現場から、プレッシャーの挟み撃ち

危険がつきもの

保全マンが行う、設備のメンテナンスなどは基本的に非定常作業であり、労働災害の危険があります。

「回転機に巻き込まれる」「刃物で指の切断」「感電リスク」など多くの危険が潜む中で仕事をしないといけません。

もちろん安全第一で作業をしますが、最悪命を失うリスクのある仕事です。

人員不足で残業が当たり前

保全部署は人員不足のところが多いです。これはなぜかわかりません。。。

私の職場も、「保全=残業」のような印象を持たれています。

うり
うり

現状の私は、「事後・予防保全=80%」「改良保全=20%」「事務作業=20%」のような比率で仕事をしています。

ぞうさん
ぞうさん

あれ?全部足すと120%じゃない?100%こえているよ。

うり
うり

定時内で仕事をこなしきれていないのが現実。

事務処理は仕方なく残業でやっているよ。

また、仕事量が多く回らないため、 事後保全で下記のような負のスパイラルが起きがちです。

私もこの『負のスパイラル』から脱却しようと頑張っているところです。

専門知識の勉強が必要

どの職種でも勉強は必要ですよね。

しかし設備保全の先輩や上司は、入職してすぐにも関わらず専門知識を知っている前提で話してくることが多いです。

これは、長い間保全職で働いている人からすると、電気系や機械系の基礎知識は当たり前に知っていると思っているからです

全員が知っているわけないですよね。

なので、話しについていくためにも毎日勉強が必要です。

うり
うり

私も勉強を頑張り、機械保全技能士(2級)の資格を取りました。

ですが、現状も毎日のように勉強の日々です…。

保全の上司と製造現場から、プレッシャーの挟み撃ち

保全の上司と製造現場からの要望が違い、プレッシャーの挟み撃ちにあいます。

要望は下記の通り。

  • 保全の上司 ⇒ 設備改善を早く進めろ!
  • 製造現場 ⇒ 生産優先。設備復旧早く!

保全の上司の要望である設備改善は、時間がないとできません。

しかし、製造現場からは設備復旧を急かされ、設備改善の時間をなかなか作ることができません。

これらのプレッシャーの挟み撃ちはかなりきついです。

設備保全マンの良いところは?

私の思う良いところは下記2つ。

  • 電気系・機械系の基礎知識が身につく
  • 夜勤があるため給料がいい

設備保全マンをしていると、嫌でもと電気系・機械系の基礎知識が身につきます。

うり
うり

「家電が故障した…」「組み立て方がわからない…」

このようなときに生かせる知識です!

また、4直3交代勤務では「交代勤務手当」や、深夜帯で働くことで、「深夜勤務手当」がつきます。

そのため、周りの同世代と比べて給料はいいです^^

まとめ

設備保全マンについて知っていただけたでしょうか。

「つらい保全マンの実態」と「良いところ」を挙げましたが、マイナス面も少なからずあるということが分かったと思います。

人や職場によっては、ブラックと感じる人もいるでしょう。

「設備保全マンとして働いてみたいな。興味がある。」という人は、

良い面だけではなく、悪い面も知ったうえで就職・転職の候補として考えてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が、少しでも参考になればうれしいです^^

おわりっ

にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました