設備保全マンに求められるスキルは?【専門スキル・ポータブルスキル両方必要】

この記事がおすすめな人
  • 設備保全マンに求められるスキルを知りたい人
  • 設備保全として働こうと思っている人
  • 就活生
ぞうさん
ぞうさん

設備保全マンに求められるスキルって何があるの?スキルを身につけるにはどうしたらいいの?教えて!

このような疑問に答えます。

本記事では、設備保全マンに求められるスキル5つについて解説していきます。

実際に設備保全マンとして働く私が、特に重要と感じるスキルを厳選しました。ぜひ最後までご覧ください^^

うり
うり
  • 20代前半
  • 一部上場企業の工場勤務社員
  • 設備保全マン
  • 4直3交代勤務
  • 工場勤務・保全歴5年目
  • Twitterアカウント:うりさん
スポンサーリンク

設備保全マンに求められるスキルは?

実際に設備保全マンとして働く私の感じる、求められるスキルは下記5つ。

  • ①小さな変化点に気付ける注意力
  • ②臨機応変な対応能力
  • ③コミュニケーション能力
  • ④機械・電気の基礎知識
  • ⑤機械図面・電気回路図を読む能力

①~③はポータブルスキル④~⑤は専門スキルと言えます。

それぞれの解説をしていきます!

①小さな変化点に気付ける注意力

小さな変化点に気付ける注意力は、とても重要なスキルです。

設備保全マンは、設備トラブルが起こった時や製品に不具合が出た時などに対応をしなければいけません。

トラブルや不具合の起こる前後で、何か変化点があるはずです。

そこに早く気付けることで、対応時間が短縮できます。

また、変化点にいち早く気付き、トラブルや不具合が発生する前に対応できるとなお良いでしょう。

うり
うり

私は、特に重要なスキルと感じています!

実際に仕事ができる人は、このスキルに秀でている印象です!

②臨機応変な対応能力

設備トラブルや製品不具合は、いつ起こるのかわかりません。また、重なって発生することもあります。

そのような時、急に大幅な残業が発生したり、休日に呼び出されることもあります。

このような場合、臨機応変に対応しなければいけません。

下記記事でも挙げていますが、急な残業や休日出勤は、設備保全マンとしてきつい点ですね…。

③コミュニケーション能力

楽しく同僚と話す会社員のイラスト

設備保全マンは、製造オペレーターや他部署の人たちと話す機会がしばしばあります。

そこで、設備トラブルの発生状況を詳細に聞き出したり、他部署の人に簡潔に状況を伝える必要があります。

そのため、設備保全マンにはコミュニケーション能力は必須と言えます。

また工場で働く場合、下記記事で書いている通り製造オペレーターもコミュニケーション能力は必要になります。

持っておいて損のないスキルですので、磨いておきましょう!

うり
うり

頼りにされる設備保全マンは、コミュニケーション能力の高い人ばかりです!

④機械・電気の基礎知識

設備保全を行うにあたって、機械・電気の基礎知識は必須になります。

基礎知識のない状態で設備の保全を行うことは、危険です。

また、設備保全マンは基礎知識を持っているという前提で、他部署の人や上司は話しをされることも多いです。

そのため、機械・電気の基礎知識は必須と言えるでしょう!

うり
うり

私は、基礎知識の勉強とあわせて、機械保全技能士』という資格を取りました!

単純に勉強をするのではなく、機械保全技能士の資格取得を一旦のゴールとして設定するとモチベーションも上がるためおすすめです!

⑤機械図面・電気回路図を読む能力

設備保全をしていると、その設備の機械図面・電気回路図を読む場面が多くあります。

図面を読むことに慣れていないと、図面を理解するまでに時間がかかってしまいます。

そのため、効率よく設備保全をするためにも、図面を読む能力は必要なスキルと言えます。

また、設備保全歴の短い人で、図面を読む能力がある人は少ないです。

このスキルは、周りの保全マンとのアドバンテージにもなるため磨いておいて損のないスキルです!

うり
うり

私も現在勉強している状態です。

もっと早くから勉強しておけばよかった…。

スポンサーリンク

これらのスキルを身につけるにはどうしたらいい?

『機械・電気の基礎知識』『機械図面・電気回路図』の専門知識については、勉強するしかありません。

勉強するついでに資格を狙ってみても良いでしょう。

うり
うり

ちょっとした改善部品は、自分で図面を作ることで機械図面の知識を蓄えています!

『注意力』『臨機応変な対応能力』『コミュニケーション能力』のポータブルスキルは、一朝一夕で身につくものではありません。

意識的に日々トレーニングするしかないですね。私は、下記を意識しています。

日々の仕事で意識していること

  • 仕事で疑問や変化を感じたらすぐ確認・共有するようにし、小さな変化点に気付ける注意力の工場と、トラブルや不具合の未然防止に努める。
  • いろいろな人と積極的に会話をし、顔を知ってもらうことで、コミュニケーション能力UPと仕事をスムーズに行うための関係づくり。

ポータブルスキルは、どの職種・どの会社で働いても求められるスキルです。

身についけておいて得しかないので、日々トレーニングしていきましょう!

必要なスキルを身につけて信頼される保全マンになろう!

重要ですので、求められるスキルをもう一度まとめると下記の通り。

  • ①小さな変化点に気付ける注意力
  • ②臨機応変な対応能力
  • ③コミュニケーション能力
  • ④機械・電気の基礎知識
  • ⑤機械図面・電気回路図を読む能力

設備保全マンは、『専門スキル』『ポータブルスキル』の両方を求められます。

レベルの高い職業ですが、その分やりがいもあります。

必要なスキルを身につけて、信頼される保全マンになりたいですね!

というわけで今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました