設備保全

設備保全とは?【知識0→仕事のイメージができるまで網羅的に解説】

設備保全をする人
知りたい人
知りたい人

設備保全とは?どんな仕事をするの?

教えてください。

このような疑問に答えます。

この記事では、

  • 設備保全とは?
  • どんな仕事をするの?
  • 設備保全の魅力。「おもしろい面」と「きつい面」
  • 興味がわいてきたけど…。そんな人の不安を解消

について設備保全で働いている私が、知識0の人でも仕事のイメージができるまで網羅的に解説していきます。

あまり知られていない設備保全について、とにかく知ってほしいという気持ちで書きました。ぜひ最後までご覧ください^^

うり
うり

 【自己紹介】

  • 20代後半
  • 大手電子部品メーカー勤務
  • 製造工場配属
  • ライン工歴2年
  • 設備保全職6年目
  • 3交代勤務実施中
スポンサーリンク

設備保全とは?

設備保全は、工場の機械や設備の維持管理をする重要な仕事です。

主に、

  • 設備が安全に稼働する
  • 設備が安定して稼働する

ことが大きな目的です。

この維持管理がしっかりとできていなければ、最悪の場合、機械を操作するオペレーターがケガをしたり、トラブルによって設備が停止することで、生産ラインを止めてしまう恐れもあります。

そのようなことが起こらないようにするための重要な仕事ですね。

どこの部署に属するの?

製造業には多くの部署が存在します。

そのなかで設備保全は、製造部の生産技術課に含まれます。

設備保全は、

  • 製造課
  • 生産技術課
  • 技術課
  • 品質管理課
  • 生産管理課

のすべての課と関わることがありますので、組織図についてざっくりは覚えておくと良いでしょう。

それぞれの課がどのような仕事をしているのか、以下の記事で紹介しています。ぜひご覧ください▼

>>製造業の部署って何がある?どんな仕事をするの?【工場の現場に関わる部分を紹介】

スポンサーリンク

どんな仕事をするの?

設備保全の主な仕事内容は、工場で稼働している機械や設備の『点検』『修理』『改善』です。

目的はこんな感じ。

  • 設備が壊れて停止しないように『点検』
  • 壊れた設備をなるべく停止させないよう『修理』
  • 低いコストで効率よく生産できる設備に『改善』

とにかく設備を安全に安定して最大限の能力で稼働させるのが大きな役目です。

このように製品を生産する工場で、とても重要な仕事をします。

『点検』『修理』『改善』 は実際どのようなことをするのか、詳細を以下の記事に書いていますので、ぜひご覧ください▼

>>設備保全の仕事内容は?【実際に働く私の1日のスケジュールを紹介】

夜勤をする可能性もある

工場は24時間稼働しているところが多いです。特に大手はほとんど。

そのため、設備に不具合が発生した時に対応しなければいけない「設備保全」も24時間常駐しておく必要があります。

ということは自ずと夜勤をする必要が出てくるんです。

そこで、「4直3交代勤務」といわれる勤務形態を採用している会社が多くあります。

うり
うり

私の働く会社も、4直3交代勤務を採用してます!

4直3交代勤務とは?

4直3交代勤務とは、「24時間を3つに分けて、それを4班で回す勤務形態」です。

下記のように、24時間を3つに分けます。

  • 朝勤:9:00~17:00
  • 昼勤:17:00~1:00
  • 夜勤:1:00~9:00

※会社によって、時間の分け方は多少違うため参考程度で

これらの、「朝勤・昼勤・夜勤」を4つの班でシフトを組み、回していく感じです。

このようなスケジュールで働くことになります。

4直3交代勤務のメリット・デメリットや、夜勤はきついのか?について書いています。ぜひご覧ください▼

>>【工場勤務の宿命】4直3交代勤務とは?夜勤はきつい?

うり
うり

続いて、設備保全の実態について解説していくよ!

設備保全の魅力。「おもしろい面」と「きつい面」

設備保全の仕事についてわかったところで、魅力やおもしろい面・きつい面について解説します。

将来性のある仕事

設備保全の魅力は、なんといっても将来性があることです。

というのも、近年いろいろなところで「人」→「機械」に置き換わってきています。

例えば、

  • レジの店員→セルフレジ
  • ライン作業員→機械
  • 事務処理関係→AIで自動集計

などですね。セルフレジは分かりやすい例でしょう。

ですが、機械が増えるということは、機械のメンテナンスを行う設備保全の必要性は高まってきます。

そのため、将来性のある仕事と言えるでしょう。

>>工場で働くなら、将来性のある設備保全に就職/転職すべき話

設備保全のおもしろい面

実際に設備保全として働く私の感じる、おもしろいところは、

  • ①単純に機械いじりが楽しい
  • ②設備トラブルを直した時の達成感
  • ③いろいろな人に感謝される
  • ④とにかくやりがいが大きい

の4つです。

特にやりがいはかなり感じることができます。自分の行った仕事が、会社の役に立っていると感じるんですよね。

おもしろい点をまとめると、このような最高のスパイラルが生まれます。

このスパイラルに入れると、おもしろさが止まりません。

>>【実例あり】設備保全はおもしろい!とてもやりがいのある仕事です。

設備保全のきつい面

私の感じるきつい面は、

  • 危険がつきもの
  • 人員不足で残業が当たり前
  • 専門知識の勉強が必要
  • 保全の上司と製造現場から、プレッシャーの挟み撃ち

です。

設備保全は人手不足のところが多いです。特に中小企業ですね。

そのため、会社によってはブラックと言われることもあるため注意です。

きつい面も知っておきましょう。以下の記事に詳細を書いていますのでぜひご覧ください▼

うり
うり

続いて、設備保全の疑問点について解説していくよ!

興味がわいてきたけど…。そんな人の不安を解消

設備保全に興味がわいてきた人もいるのではないでしょうか?

そんな人で、

  • 未経験でも働けるの…?
  • どんな人が向いているの…?
  • どんなスキルが必要なの…?
  • なにか事前に勉強しておくことはあるの…?

というような疑問が出てくると思います。

そのような人の不安を解消するためにも、解説していきますね。

設備保全は未経験者でも働けるの?

設備保全の仕事は、未経験者でもできます

というか、私も未経験で就職し働き続けています。

設備保全の仕事は難しいと思われがちですが、

  • 基本的にマニュアル通りの作業
  • 新人教育の時間が長い
  • 先輩社員と複数人で仕事をするため、分からない部分のフォローがある

という特徴があります。

危険な作業もあるため、時間をかけて教育してもらえますね。

そのため、未経験だから…。と心配する必要はありません

詳細は以下の記事に書いていますので、ぜひご覧ください▼

>>【実証された】設備保全は未経験の人でもできる!【向き不向きのほうが重要】

どんな人が向いているの?

設備保全に向いている人の特徴は、

  • ①機械いじりが好きな人
  • ②4直3交代勤務に耐えられる人
  • ③すぐにイライラしない人
  • ④小さな変化に気付ける注意力がある人
  • ⑤考察・分析できる人
  • ⑥人と話すことが苦じゃない人
  • ⑦臨機応変に対応できる人

の7つ。

その中でも、特に重要な項目が

  • 機械いじりが好きな人
  • 人と話すのが苦じゃない人

です。

設備保全は、1日中機械に触れ・考え、毎日多くの人と話します。

そのため、この2つの特徴はクリアしておきたいところです。

向いている人の特徴の詳細や、設備保全の適性を見極めるチェックリストを書いています。ぜひご覧ください▼

>>設備保全に向いている人の特徴7つ【チェックリスト作りました】

どんなスキルが求められるの?

求められるスキルは、

  • ①小さな変化点に気付ける注意力
  • ②臨機応変な対応能力
  • ③コミュニケーション能力
  • ④機械・電気の基礎知識
  • ⑤機械図面・電気回路図を読む能力

の5つです。①~③はポータブルスキル④~⑤は専門スキルと言えます。

ぶっちゃけ専門スキルは、設備保全の仕事をしていると嫌でもつくので最重要とは思いません。

ですが、①~③のようなポータブルスキルは重要です。

というのも設備保全は、ライン作業のようなルーチン作業ばかりをするわけではなく、いろいろな人と協力して仕事をしていきます。

そのため、ポータブルスキルはかなり重要です。

詳細や、スキルを身につけるための方法を書いています。ぜひご覧ください▼

>>設備保全マンに求められるスキルは?【専門スキル・ポータブルスキル両方必要】

事前に勉強しておくことあるの?

設備保全の仕事に必須な、機械と電気の基礎知識は勉強しておいて損はないです。

どうせ設備保全の基礎知識を勉強するなら、資格も一緒に取っちゃいましょう!

意外と簡単に取れます。

おすすめが、

  • 機械保全技能士(機械系)
  • 機械保全技能士(電気系)

です。

これらは、機械・電気の設備保全をするうえで必要な基礎知識を持っている人に与えられる資格です。

この資格を目標に勉強してみるのもアリですね!

うり
うり

機械保全技能士(機械系2級)は1か月の勉強で取れました!

機械保全技能士の資格の詳細や勉強方法が知りたい人は、この記事を参考にしてみてください▼

少しでも気になったら、求人を見てみよう

「設備保全についてちょっと気になってきた…。」という人は、求人だけでも見てみましょう。

無料で求人は見れますし、良い会社が見つかれば、転職するきっかけにもなりますし。

とりあえず、

  • ①転職サイト・転職エージェントに登録
  • ②求人メールを眺める

をしておけばOK。

おすすめの大手転職サイト・転職エージェントを紹介しています。ぜひご覧ください▼
>>【無料】工場・製造業に強い求人サイト・転職エージェント5選

おすすめ転職エージェントサイト(完全無料・いつでも退会OK)

人生の多くの時間を占める「仕事」は、向いていて楽しいほうが良いに決まっています。とりあえず行動してみましょう。

設備保全は機械好きにはもってこいの魅力的な仕事

今回は、設備保全について網羅的に解説しました。

あまり知られていない設備保全ですが、機械好きにはもってこいの将来性のある魅力的な仕事です。

  • 意外と面白そう!
  • 魅力的じゃん!

このように少しでも思った人は、設備保全で働いてみることも是非検討してみてください!

それでは、今回は以上になります。

少しでも設備保全について、興味を持ってもらえたならうれしいです^^

おすすめ転職エージェントサイト(完全無料・いつでも退会OK)
にほんブログ村 企業ブログ 製造業へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました