保有株丸裸。ポートフォリオ公開!【2021年7月末時点】

今回も私のポートフォリオを丸裸にしちゃいます。

6月末と比較するとポートフォリオにどのような変化があったのでしょう。どのような理由で取引をしたのかも含めて解説します。

投資の参考にしていただけると幸いです。

6月末のポートフォリオ丸裸▼

スポンサーリンク

7月末時点の保有銘柄

7月末時点の保有銘柄です。

かなり保有している個別株の種類が少なくなってきました。

保有し続けている個別株は、決算をクリアしている精鋭部隊のみです。

スポンサーリンク

6月末と7月末のポートフォリオ比較

6月末と7月末ののポートフォリオ比較してみましょう。

上が6月末、下が7月末のポートフォリオです。

コア銘柄の「eMAXIS Slimシリーズ」とVTIの保有割合が増え、サテライト銘柄の割合が減っています。

これは、7月後半に個別銘柄の決算があり、決算をミスした銘柄を売却したためです。

私はコア:サテライト=7:3を基準に、コアサテライト戦略を実践しています。

なので、自分の投資方針とはかけ離れたポートフォリオになっているわけではないため、現状のポートフォリオで問題ないと考えています。

コアサテライト戦略について詳細を知りたい人は、参考にどうぞ▼

【完全解説】コアサテライト戦略とは?始め方は?

ポートフォリオの変化点と取引理由

6月末と7月末ののポートフォリオの変化点は下記のとおり。

  • TSMの売却
  • TDOCの売却
  • PYPLの売却
  • VHTの購入
  • DALの購入
TSMの売却

7/15の第2四半期決算で、売上高とEPSをミスしました。

私は、半導体銘柄は今回の決算は微妙なものになるのではと踏んでいたため、決算前日に売却しました。

予想が当たり、少しの利益も取れたためいい判断だったと思います。

TDOCの売却

7/28の第2四半期決算で、EPSをミスしました。

私がTDOCを保有してから、3回連続のEPSのミスです。

買収による特殊要因があるためEPSの決算ミスは気にしていませんでしたが、今後もなかなかEPSは改善されないと踏み、売却しました。

遠隔医療という事業内容には将来性を感じるため、EPSが改善されれば入りなおしたいと思っています。

PYPLの売却

7/29の第2四半期決算で、売上高をミスしました。また、ガイダンスも弱いため売却しました。

PYPLは、保有銘柄の中でも含み益が大きくエースのポジションでした。

決算をミスしたため一旦は売却しますが、引き続きウォッチは続け、入りなおすことも視野に入れています。

VHTの購入

VHTは、ヘルスケア関連企業を集めたETFです。

私の保有するサテライト銘柄は、ハイテクセクターが多いです。

下図を見る通り、ハイテクセクターは景気が強い場合は良いですが、景気後退した場合に心配です。

そこで、分散という意味合いで少額ですが購入しました。

また、ヘルスケア産業は今後も伸び続けると信じているため期待しています。

DALの購入

デルタ航空の株を少額ですが、短期目的で購入しました。

デルタ株のウイルスの影響で、航空銘柄の株価が下がっています。

しかし、今後のワクチンの普及などを考えると、株価は戻ってくるのではないかと思い購入しました。

まとめ

7月中旬から、第2四半期決算が始まり、決算確認で忙しい日々が続いています。

私は、決算ミスをした銘柄は売るというルールで株式の売買を行っています。

このルールは曲げないよう、8月も続く決算シーズンを乗り越えたいと思います。

うり
うり

ルールを守る気持ちの強さが大切!

というわけで、今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました