【2024年からスタート】新NISAとは?一般NISAとの違いを解説

2024年から「一般NISA制度」が見直され「新NISA制度」が始まることを知っていますか?

そこで「新NISAの内容は?」「今の一般NISAとどこが変わるの?」という疑問を抱く人がいるのではないでしょうか。

そのような人に向けて、新NISAの内容一般NISAとの違いをわかりやすく説明していきます。

新NISAに乗り遅れないよう、2023年までにしっかりとポイントを押さえておきましょう。

スポンサーリンク

新NISAとは?

新NISAの特徴は下記のとおり。

  • 1階【20万円】・2階【102万円】の2階建て制度
  • 非課税期間は5年間
  • 1階部分は非課税期間終了後つみたてNISAへロールオーバー可能

現状の一般NISAより少し複雑な構造になっていますので、1つずつわかりやすく解説していきます。

1階【20万円】・2階【102万円】の2階建て制度

新NISAは2階建て制度になっています。

下図は現状の一般NISAと新NISAの、投資上限額と投資方法の違いです。

新NISAは上図のように2階建て制度となっており、原則1階部分の積立投資を行わなければ、2階部分の投資ができない仕組みになっています。

ただし、2023年までにNISA口座を開いている方や投資経験者の場合は、1階部分を利用せず、2階部分のみを利用することも可能です。

また、1階と2階で投資できる商品が違います。

  • 1階:つみたてNISAで投資できる金融商品のみ
  • 2階:上場株式や株式投信、ETF、REITなど(現状の一般NISAの対象商品)

1階はつみたてNISAで投資できる金融商品のみしか投資できませんので、買い方も積立てのみです。

2階は現状の一般対象商品に投資できるため、買い方は積立てと一括購入どちらでもできます。

非課税期間は5年間

新NISAの非課税期間は1階2階ともに5年間と、現状の一般NISAと変わりません。

1階部分は非課税期間終了後つみたてNISAへ乗り換え可能

新NISAの1階部分で投資していた年上限20万円は、非課税枠5年を使い切ったのち、『つみたてNISA』に乗り換えすることができます

つみたてNISAの特徴
  • 毎年40万円を上限として、投資得られた利益が非課税に
  • 非課税で投資のできる期間は最大20年間

つみたてNISAは年40万円を上限とし、非課税期間20年間という制度です。

新NISAの1階部分で年上限20万円を5年間運用、その後、つみたてNISAに乗り換えて年上限40万円で20年間運用できるため、合計25年間の非課税で積立て投資ができるとわかります。

投資は長期間運用することで複利効果を発揮し、資産形成スピードが上昇します。そのことを考えると最大25年間という長期間も非課税で運用できることは大きなメリットといえます。

スポンサーリンク

一般NISAと新NISAの違いは?

現状の一般NISAと新NISAをまとめたものが下表になります。

引用:金融庁ウェブサイトを基にうりブログ作成

大きく違う点は、新NISAは2階建て制度になり、非課税投資枠が2種類ある点です。一般NISAでは年120万円までの投資枠でしたが、新NISAは1階:年20万円・2階:年102万円の合計年122万円と少し投資枠が増えています。

また、非課税期間は最長5年間と変更はないですが、新NISAの1階部分は非課税期間終了後つみたてNISAに乗り換えができますので、最長25年間の非課税期間があります。

2024年スタートの新NISA制度を待った方がいい?

新NISA制度について解説してきましたが、メリットが多くあるいい制度だとわかってもらえたと思います。

そこで、「NISAを始めたいけど、2024年に新NISAがスタートするならそれまで待った方がいいの?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、待つべきではありません

理由は下記のとおり。

  • 現状の「一般NISA」や「つみたてNISA」制度も十分お得
  • 投資は早く始めることが大切
  • 「新NISA」制度は変更の可能性もある
  • 年に1度「一般NISA」⇔「つみたてNISA」の切り替えができる

今あるNISA制度も十分お得ですし、投資はなるべく早く始めることで長期間運用することが大切です。長期間運用することで複利効果を最大限発揮できますし、投資を早く経験することでNISAだけではなく投資の幅を広げるきっかけになると思います。

「新NISA」の制度はスタートまでまだ期間があるため変更の可能性がないとは言えません。なので、現状の情報だけで判断するのは得策ではないと思います。

また、現状「一般NISA」⇔「つみたてNISA」の切り替えが年に1度できるようになっています。どうしても「新NISA」が使いたい人は、2024年以降で切り替えを行えばいいでしょう。

上記の理由より、わざわざ「新NISA」が始まるまで待たなくていいです。というより、今からNISA制度を使って投資をはやく始めましょう。

NISAを始めるにはまずは証券口座開設から

NISAを始めるためにはまず証券口座の開設が必要です。初めて証券口座を開設するのであれば下記3社がおすすめです。

  • 楽天証券
  • SBI証券
  • 松井証券

✅楽天証券

楽天証券はSPU+1倍などの特典があるため、楽天経済圏を使っている人には最もおすすめです。2019年・2020年口座開設数NO.1と大人気のネット証券です。

口座開設はこちら☞ 楽天証券

✅SBI証券

SBI証券は口座開設数NO.1の業界最大手のネット証券です。2020年の顧客満足度1位を獲得している優良ネット証券です。

口座開設はこちら☞ SBI証券

✅松井証券

松井証券はサポート体制が最も整っているため、投資初心者におすすめのネット証券です。情報ツールも充実しており、他社では有料で提供しているようなサービスを無料で使うことができます。

口座開設はこちら☞ 松井証券

おすすめネット証券の詳細が知りたい人は下記記事を参考にしてみてください。

【厳選】投資を始めたいあなたにおすすめなネット証券5選【まずは口座開設を】

まとめ:制度の内容をしっかり理解してフル活用しよう

以上、新NISAについて解説しました。

新NISAの大きな変更点は、①2階建て制度 ②1階・2階で異なる非課税投資枠 ③1階部分はつみたてNISAに移行可能 です。

新NISAも含め、NISA制度はとてもお得な制度です。このような点をしっかりと理解してフル活用していきましょう。

つみたてNISAについて解説した記事です。NISA制度を理解するためにも参考にどうぞ。

というわけで、今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

<br>うりさん<br>

うりさん

下記バナーをクリックしていただけるとモチベーションUPにつながります!(^^

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村


長期投資ランキング



コメント

タイトルとURLをコピーしました