一般NISAとつみたてNISAの違いは?投資初心者につみたてNISAをおすすめする理由

最近人気が高まってきているNISAは、正式名称を「少額投資非課税制度」といいます。

NISAの中にも「一般NISA」と「つみたてNISA」の2種類あることを知っていますか?どちらもNISAという名前がついていますが、異なる点やそれぞれの特徴があります。

現状「一般NISA口座」と「つみたてNISA口座」の2つの口座を同時に保有することはできません。したがって、それぞれの異なる点をしっかりと把握して、どちらの口座を開設して投資をするか判断しなければなりません。

この記事では、「一般NISA」と「つみたてNISA」の違いと、投資初心者には「つみたてNISA」をおすすめする理由を解説します。

スポンサーリンク

「一般NISA」と「つみたてNISA」の違い

「一般NISA」と「つみたてNISA」の違いを比較してみましょう。

まず同じ点ですが、日本に住む20歳以上の方誰でも始めることができます。

表には書いてありませんが、どちらもNISA枠で購入した商品の利益にかかる税金(20.315%)が非課税になる部分も同じです。

違う点としましては、「一般NISA」は非課税期間が5年と短いですが、年間投資上限額は120万円と多い特徴があります。

「つみたてNISA」は非課税期間が20年と長く、年間投資上限額は40万円と小さいことがわかります。

したがって。累積非課税投資上限額も「一般NISA」の場合、

年間投資上限120万 × 非課税期間5年 = 600万円

「つみたてNISA」の場合、

年間投資上限40万 × 非課税期間20年 = 800万円

と違ってきます。

投資対象商品も、「つみたてNISA」は金融庁が認めた投資信託・ETFのみで初心者でも選びやすくなっています。

「一般NISA」の場合、上場株式・ETF・REIT(不動産投資信託)・投資信託を買うことができます。上場株式とは、証券取引所に上場している企業の株式のことで、個別銘柄に事を指します(アップル、Amazon、任天堂など)

したがって、「一般NISA」は限りなく多くの銘柄から自分で銘柄選定をお行い投資しなければなりません。

投資方法についてですが、「一般NISA」は積立て投資もできますし、自分の好きなタイミングで一括投資(スポット購入)もできます。

非課税可能枠(年120万)であれば、購入のタイミングを株価にあわせて柔軟に変えることができます。

「つみたてNISA」は積立て投資のみしかできません。一回積立て設定をしてしまえば、任意の周期で自動的に積立て投資されるような仕組みです。

スポンサーリンク

つみたてNISAが向いている人は?

つみたてNISAの特徴として

  • 非課税期間が長く長期投資ができる
  • 金融庁が認めた手数料の低い投資商品のみから選ぶことができる
  • 投資商品の銘柄数が少ない
  • 積立て投資のみのため一度の設定で投資ができ手間を省くことができる

が挙げられます。

この点を含め、つみたてNISAに向いている人を紹介します。

つみたてNISAの詳細について説明している記事はこちら!見てみてください!(^^

①投資初心者の人

まずおすすめな人は、投資初心者の人です。

つみたてNISAは、金融庁が認めた手数料の低い投資商品から選べます。そのため選ぶことのできる投資商品も少ないですが、品質は良いものばかりです。

これは投資経験者の方は物足りないかもしれませんが、投資初心者の方には大きなメリットとなるでしょう。

投資初心者に向けた、つみたてNISAのおすすめ銘柄を紹介した記事です。参考にしてみてください!(^^

投資初心者の方には、「投資について調べるのは面倒くさい」「投資に手間をかけたくない」という人も少なくないと思います。

しかし、つみたてNISAは一度の積立て設定をすることで自動的に投資ができます

なので、投資することを忘れる心配もなく、手間も少ないため初心者にはもってこいの制度と思います。

②少ない金額から投資を始めたい人

つみたてNISAは最も低くて100円※から積立て投資ができます。(※証券会社によって積立て可能金額の下限は異なります)

少額からできるため、始めやすく、収入や家庭の状況に合わせて無理のない投資ができます。

投資に慣れてきたり、投資に充てられる金額が変化した場合には、非課税枠年40万円内で積立て金額の変更ができることもメリットといえます。

③長期運用を基本としリスクを抑えたい人

「老後資金が貯めたい」「将来(20年後程度)のお金が貯めたい」という長期運用を前提として考えておられる方に、つみたてNISAはおすすめです。

長期運用をすることで一時的な価格変動が起きた場合も影響を一定の範囲内に留めることができます。

また、つみたてNISAの投資商品は複数の資産・国・銘柄に分散できるものが多いためリスクを抑えることができます。

つみたてNISAでは積立て投資しかできませんが、積立て投資にもリスクを抑えるメリットがあります。

積立て投資は、積立て設定を行うことで、定期的に一定額ずつ投資信託を購入していきます。すると、投資信託の価額が高いときには少しだけ、安いときにはたくさん購入できることになります。結果的に平均取得単価が下げることができます。(このことを「ドルコスト平均法」といいます。)

したがって、高値で一括購入をしてしまうようなリスクがありません。

このような理由より、つみたてNISAは長期間低いリスクで運用したい人におすすめです。

ただしつみたてNISAの投資信託の中には、リターンの大きさを重視した高リスクの商品もありますので、事前に調べておくことも重要です。

一般NISAが向いている人は?

一般NISAの特徴として

  • 年間投資上限額が大きい
  • 投資商品の銘柄数が格段に多い
  • 個別銘柄に投資ができる
  • 好きな時に一括投資(スポット購入)ができる

が挙げられます。

この点を含め、つみたてNISAに向いている人を紹介します。

①投資経験がある人

まずおすすめな人は、投資経験がある人です。

一般NISAは、とても多くの銘柄から投資先を選ばなければいけません。

投資初心者の方には大変な作業でしょう( ゚Д゚)

しかし投資経験者には、幅広い銘柄の中から選べるため、自分の思い通りのポートフォリオを組みやすいというメリットがあります。

また積立て投資だけではなく、一括投資(スポット購入)もできるため、株価下落に合わせて購入ができるなど柔軟に対応することができます。

したがって比較的短い5年間という非課税期間ですが、つみたてNISAで買うことができる投資信託より圧倒的なパフォーマンスを得ることもできる可能性があります。

ただし、銘柄などの分析ができなければ損失のリスクが大きいことも頭に入れておかなければなりません。

②まとまった投資資金がある人

一般NISAはの年間投資上限額は120万円と、つみたてNISAの3倍あります。

投資銘柄など決まっていても、投資するお金がなければ非課税の恩恵を受けることができませんのでもったいないです。

一般NISAをせっかく始めるなら、非課税枠をフルに使えるように投資に充てることのできる額をしっかりと試算してからにしましょう。

③大きなリターンを得たい人

①でも書きましたが、一般NISAは自分の思い通りのポートフォリオを組むことができ、株価の変動に合わせて一括購入もできるため、短期間で大きなリターンを得られる可能性もあります。

ただし、その分リスクも大きいですので私はおすすめしていません。

まとめ

「一般NISA」と「つみたてNISA」の違いを比較をしていきました。(下表参照)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-43.png

つみたてNISAに向いている人は、

  • 投資初心者の人
  • 少ない金額から投資を始めたい人
  • 長期運用を基本としリスクを抑えたい人

一般NISAに向いている人は、

  • 投資経験者の人
  • まとまった投資資金がある人
  • 大きなリターンを得たい人

でした。

投資初心者には、まずリスクが低く手間がかからないものから投資を始めていただきたいため、つみたてNISAから第一歩を踏み出してほしいです。

慣れてきたらつみたてNISAは行いつつ、特定口座(課税口座)で個別株投資やETF投資など行い、徐々に投資の楽しさをわかってもらえたらなと思います。

実際私も、つみたてNISAから投資を始め、現在つみたてNISAと米国株投資を行っています。つみたてNISA口座はリスクが低く安心して置いておけるのでここ最近は見てもいません(笑)

この記事を読んで、資産形成の第一歩を踏み出す勇気が少しでも出たらうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村


長期投資ランキング



コメント

タイトルとURLをコピーしました