【かなりお得】つみたてNISAとは?メリット・デメリットも解説

「つみたてNISAってよく聞くけどなに…?どうゆう仕組み…?メリット・デメリットはあるの…?投資初心者にもできるものなの…?投資初心者にでもわかるように教えてください。」

このような疑問に答えます。

近年の投資ブームで「つみたてNISA」という言葉を耳にすることが多くなりましたよね。

そこで「つみたてNISAってよく聞くけどなに?」「どうゆう仕組み?」「メリット・デメリットはあるの?」「投資初心者にもできるものなの?」という疑問を持つ人がいるのではないでしょうか?

そのような人に向けて、「つみたてNISAとは?」「メリット・デメリット」についてわかりやすく解説していきます。

つみたてNISAは国が行うお得な制度です。ぜひ皆さんに知ってほしい制度ですので最後まで読んでいただけると幸いです。

ちなみにつみたてNISAは私も活用しています^^

スポンサーリンク

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは、2018年1月からスタートした少額の投資を支援するための非課税制度です。簡単に言うと、「少額ですが投資をサポートするので皆さん投資を始めてみましょう。」という国が作った制度です。

1番の特徴は下記のとおり

毎年40万円を上限として投資信託の購入ができ、その投資信託で得られた利益について最大20年間非課税となる

通常、投資で得られた利益には約20%の税金を引かれます。しかし、つみたてNISAの場合、年40万円を上限として購入した商品で得られた利益には、20年間税金がかかりません

投資にかかる税金を免除してくれるため始めやすいですよね。

スポンサーリンク

つみたてNISAのメリット・デメリットは?

つみたてNISAのメリット・デメリットは下記のとおりです。

✅メリット

  • 得られた利益が非課税
  • 初期費用が少なくていいため始めやすい
  • 金融庁が認めた優良商品のみ買える
  • いつでも資産を引き出すことができる

✅デメリット

  • 投資できる商品が限定されている
  • 非課税枠(上限額)が少ない
  • スポット投資(一括投資)ができない
  • 元本割れリスクがある
  • 損益通算・繰り越し控除ができない
  • 非課税枠を翌年以降に持ち越せない

それぞれ解説していきます。

つみたてNISAのメリット

得られた利益が非課税

先ほども解説しましたが、通常投資で得られた利益には約20%の税金を引かれます。しかし、つみたてNISAの場合、年40万円を上限として、購入した商品で得られた利益には20年間税金がかかりません

例えば、下図のように利益100万円を得たとすると、通常約20万円を税金で引かれてしまうため、残り利益は80万円になります。

通常の場合の場合

しかし、つみたてNISAの場合は非課税ですので、利益100万円をそのまま手にすることができます。

初期費用が少なくていいため始めやすい

投資は多くのお金が必要と思っている人も多いでしょう。しかし、つみたてNISAは証券会社にもよりますが、最低100円から始めることができます。なので、とてもハードルが低く始めやすいです。

途中で積立て金額の変更もできますので、最初は100円からはじめて、慣れてきたら積立て金額を上げていくということもできます。

なので始めやすさはピカイチといえます。

金融庁が認めた商品のみ買える

いざ投資を始めようとすると、「どの商品を買うのがいいのだろう」「危ない商品が多いんじゃないの」と不安になる人もいるでしょう。

しかし、つみたてNISAで買うことのできる商品は、金融庁が長期の積立・分散投資に適していると認めた投資商品のみが厳選されており、リスクが高すぎるような商品や、手数料が高すぎる商品は買えないようになっています。

金融庁の提示する条件として、販売手数料はゼロ、信託報酬は一定水準以下、信託期間(投資信託の運用が行なわれる期間)が20年以上、分配頻度が毎月でないことなど厳しい条件が様々あります。

なので投資知識がなくても安心して始めることができます。

いつでも資産を引き出すことができる

つみたてNISAの資産は好きなタイミングで引き出すことができます。

「教育資金」「老後資金」「住宅資金」など必要となった場合に柔軟に対応することができます。

つみたてNISAのデメリット

 投資できる商品が限定されている

つみたてNISAは金融庁が長期の積立・分散投資に適していると認めた投資商品のみしか投資できません。「自分はここに投資したい!」など願望があっても、対象外の商品であれば購入ができません。

企業の株(アップルやAmazonなど)を買う、個別株投資も対象外です。

このように、投資知識がある人や、銘柄にこだわりがある人にはデメリットとなります。

非課税枠(上限額)が少ない

つみたてNISAの非課税枠は年40万円までです。

貯金が数百万以上と多くある方には少し物足りないかもしれません。

スポット投資(一括投資)ができない

つみたてNISAは、名前のとおり積み立て投資しかできません

例えば、株価が暴落した割安の時に「つみたてNISAで100万円分スポット購入(一括投資)しよう」としても、買うことができません。

このように柔軟に売買できないため、投資知識があり株価の動きがわかる人にはデメリットとなります。

元本割れリスクがある

つみたてNISAは「投資」をする制度なので、元本は保証されていないことは理解しておきましょう。

元本割れリスクは投資を始めるうえで必ずついてきます。特に投資が初めての方は理解しておきましょう。

損益通算・繰り越し控除ができない

つみたてNISAは「損益通算」と「繰越控除」ができません。これらの制度は損失が出たときに税負担を軽くするものです。

損益通算とは

例えば、2つの株式A・Bを100万円で購入しているとします。

株式A:100万円 → 150万円になり売却。50万円の利益を得た

株式B:100万円 → 50万円になり売却。50万円の損失が出た

株式Aには利益50万円に約20%の税金がかかるはずですが、株式Bで50万円の損失が出ているので、株式Aと株式Bを合算すると利益は±0円となります。こういった場合利益は出ていないという考え方になり、税金はかからない仕組みです。

しかし、つみたてNISAは損益通算ができません。上記の株式BがつみたてNISAで購入した商品の場合、損益通算できないため、株式Aの利益50万円に約20%の税金がかかってしまいます。

繰り越し控除とは

通常、損益通算で損失を引ききれない場合、残った損失分を3年間にわたって繰越しできます。なので、翌年以降の利益が出た場合、利益から残っている損失分を差引くことができます。

これを「繰り越し控除」といいます。

つみたてNISAは損益通算ができないため、繰り越し控除も行うことができません

非課税枠を翌年以降に持ち越せない

つみたてNISAは非課税枠が年40万円ありますが、その年の非課税投資枠の未使用分があっても翌年以降に繰り越せません

例えば、2020年非課税枠30万円使用。2020年の残り非課税枠は10万円ありますが、2021年非課税枠は40万円+10万円の50万円でなく、変わらず40万円になります。

このように、次の年に非課税枠を繰り越すことができません。

特に年の途中からつみたてNISAを始める人は注意が必要です。

20年間非課税の効果を体感【かなりお得です】

20年間非課税の効果をシミュレーションを用いて体感してみましょう。

20年間、33333円を利回り5%で積立てたとします。その結果が下記のとおりです。

引用:金融庁 資産運用シミュレーション

上記の結果をまとめると

  • 投資元本:約800万円
  • 最終金額:約1370万円
  • 運用利益:約570万円

通常の場合、運用利益に対して約20%の税金『114万円』を引かれてしまいますが、つみたてNISAはそのまま114万円受け取ることができます。

以上のように、つみたてNISAの非課税効果はとても大きく、かなりお得と分かります。

投資を始めるならつみたてNISAがおすすめな理由

投資を始めてみようと思っている人は、つみたてNISAから始めてみるといいでしょう。その理由は下記のとおり。

  • リスクが低い
  • 手間がかからない
  • 少額から投資ができる

上記について解説していきます。

リスクが低い

つみたてNISAで購入できる商品は、金融庁の基準をクリアした投資信託です。金融庁は「長期」「積立て」「分散」に適しているものしか認めません。

価格変動による元本割れリスクはありますが、投資としてのリスクは限りなく低いです。

✅手間がかからない

つみたてNISAは、1度つみたて設定をしてしまえば自動的に毎月投資ができるため手間がかかりません。なので、投資のことを日々勉強して売買するような手間はないため初めての人に向いています。

また、「価格が高いから」「価格が安いから」など、人の気持ちに左右されず投資ができるため、機会損失が少なくなる点も良いですね。

少額から投資ができる

投資は多くのお金が必要と思っている人も多いでしょう。しかし、つみたてNISAは証券会社にもよりますが、100円から始めることができます。

なので、とてもハードルが低く始めやすいと思います。

途中での積立て金額の変更もできますので、最初は100円からはじめて、慣れてきたら積立て金額を上げていくということもできます。

上記の理由もあり、私もつみたてNISAから投資を始めました^^

つみたてNISAを始めるにはまずは証券口座開設から

つみたてNISAを始めるためにはまず証券口座の開設が必要です。初めて証券口座を開設するのであれば下記3社がおすすめです。

  • 楽天証券
  • SBI証券
  • 松井証券

楽天証券

楽天証券はSPU+1倍などの特典があるため、楽天経済圏を使っている人には最もおすすめです。2019年・2020年口座開設数NO.1と大人気のネット証券です。

口座開設はこちら☞ 楽天証券

✅SBI証券

SBI証券は口座開設数NO.1の業界最大手のネット証券です。2020年の顧客満足度1位を獲得している優良ネット証券です。

口座開設はこちら☞ SBI証券

松井証券

松井証券はサポート体制が最も整っているため、投資初心者におすすめのネット証券です。情報ツールも充実しており、他社では有料で提供しているようなサービスを無料で使うことができます。

口座開設はこちら☞ 松井証券

おすすめネット証券の詳細が知りたい人は下記記事を参考にしてみてください。

【厳選】投資を始めたいあなたにおすすめなネット証券5選【まずは口座開設を】

まとめ:つみたてNISAを使ってまずは投資を経験しよう

以上、つみたてNISAについて解説しました。重要ですのでもう一度メリット・デメリットについて載せておきます。

メリット

  • 得られた利益が非課税
  • 初期費用が少なくていいため始めやすい
  • 金融庁が認めた優良商品のみ買える
  • いつでも資産を引き出すことができる

✅デメリット

  • 投資できる商品が限定されている:初心者には関係なし
  • 非課税枠(上限額)が少ない:初心者には関係なし
  • スポット投資(一括投資)ができない:初心者には関係なし
  • 元本割れリスクがある
  • 損益通算・繰り越し控除ができない:初心者には関係なし
  • 非課税枠を翌年以降に持ち越せない

デメリットが多く感じますが、投資初心者には関係ないものばかりです。元本割れリスクも投資を行う上で必ずついてきます。

なので、非課税枠を翌年以降に持ち越せないことのみ注意しておきましょう。

これらを含めて考えると目に余るメリットの数々ですし、投資は若いうちに始めれば始めるほど有利といわれています。投資に少しでも興味がある人はつみたてNISAから始めてみるといいでしょう。まずはお試し感覚で大丈夫です。

というわけで、今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

<br>うりさん<br>

うりさん

下記バナーをクリックしていただけるとモチベーションUPにつながります!(^^

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村


長期投資ランキング



コメント

タイトルとURLをコピーしました