投資を始めるなら「楽天証券口座」を作ろう【楽天と生きていく】

ぞうさん
ぞうさん

投資を始めたいんだけど、どこで証券口座を作ればいいんだろう…?せっかく始めるなら、損をしたくないのでおすすめを教えてください。

近年の投資人気によって、投資を始めようと思っている人も多いですよね。

投資を始めるにあたっての最初の関門は、証券口座開設です。

意外と、ここでつまずいてしまい投資を始めることができない人が多いです。

そのような人に、「楽天証券」をおすすめします。私も実際使っています。

とりあえず、楽天証券で口座開設をしておけば間違えないでしょう。

この記事を書いている私は、20代で600万円ほど楽天証券で運用しています。

このような私が、なぜ楽天証券がおすすめなのか、「実際に使ってみて、経験からわかったこと」を交えて解説していきます。

投資を始めるなら「楽天証券口座」を作ろう

何度も言っていますが、「楽天証券」が最もおすすめです。

楽天経済圏が、とにかくお得

楽天サービスを使う上で最大のメリットは、楽天経済圏がお得ということです。

楽天経済圏とは、いろいろな楽天サービスを使ってポイントをお得に貯めながら生きることを指します。

更に楽天には「ポイント投資」というものがあります。楽天経済圏で貯めたポイントを投資に回すことができるためとてもお得です。

とりあえず「楽天証券」で問題なし

楽天証券は、業界大手・手数料最安レベルの優良ネット証券です。

また、私も楽天証券で運用していますが、とても使いやすく不便に感じたことは1度もありません。

また、上図のように顧客満足度もNo.1と安心もできるため、初めて口座開設をする人はとりあえず楽天証券で間違えないでしょう。

楽天証券の口座開設はこちら

ネット証券なら、細かい部分の比較は不要です

銀行窓口などで投資商品を購入することはNGです。

理由は手数料が高いから。詳細は下記記事を参考にしてください▼

投資信託を銀行窓口で買うと損をする理由【元銀行員に話しも聞いてみた】

しかし、大手ネット証券の手数料は基本的に最安になっており変わりません。

下記3つのネット証券であれば、ほとんど違いがないといえるでしょう。

  • 楽天証券
  • SBI証券
  • 松井証券

投資信託を購入るることを前提に比較してみます。

手数料は基本最安設定

手数料の中の大部分を占める、信託報酬について比較してみます。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)を比較してみた

✅楽天証券

✅SBI証券

✅松井証券

上記の赤丸の通り。

どのネット証券も信託報酬が、0.0968%となっています。

取扱銘柄数は気にしなくて問題なし

証券会社の比較を調べると、

「投資信託の取扱銘柄数○○本!」「○○証券は銘柄数が多い!」

のような記載を目にします。

しかし、正直気にしなくて大丈夫です。

買うべき優良銘柄は限られています。どれだけ取り扱い銘柄が多くても、それがごみ商品であれば、何本あっても意味がないです。

大手ネット証券には、基本的な優良銘柄の取り扱いがあるので、銘柄数は気にしないようにしましょう。

※投資信託の選び方については、後で解説します。

楽天証券は、手数料も変わらず、優良銘柄の取り扱いもしており、メリットも大きいためおすすめですね。

楽天証券の口座開設はこちら

投資信託を購入する際の注意点2つ

口座開設をしたら、まず投資信託の購入をしてみましょう。

購入する際の注意点は次の2つです。

  • 損をしにくい優良銘柄を選ぶ
  • つみたてNISAを活用する

損をしにくい優良銘柄を選ぶ

資産の増えないごみ商品を買ってしまうと、投資をする意味がないですよね。

損をしにくい優良銘柄を選び方
  • ①商品内容
  • ②総純資産額
  • ③信託報酬
  • ④分散投資
  • ⑤過去チャート

上記5つのポイントに注目して、投資信託を選んでみましょう。

おすすめ投資信託

私のおすすめする投資信託を紹介しておきます。

  • ①eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • ②eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • ③eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

実際に私は、①②に月に合計15万円を投資しています。

詳細は下記記事に書いています▼

つみたてNISAを活用する

つみたてNISAとは、2018年1月からスタートした少額の投資を支援するための非課税制度です。

「少額ですが投資をサポートするので皆さん投資を始めてみましょう。」という国が作ったお得な制度ですので使わない手はないですね。

投資信託を購入するのであれば、「つみたてNISA」の活用をしておきたいところです。

※つみたてNISAとは何なの?という人は「【かなりお得】つみたてNISAとは?メリット・デメリットも解説」で解説しています。

まずは「楽天証券」で証券口座を開いて投資にチャレンジしてみましょう!

口座開設はこちら

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました