【取得ポイント公開】楽天経済圏を利用してお得にポイントを貯めよう!始めるべき順番は?ポイントのおすすめな使い方は?

今では当たり前になっているネットショッピング。その中でも楽天市場で買い物をしたことがある人は多いはずです。

そこで、ただ買い物をせず、楽天経済圏を意識することでポイントがザクザク貯まります。

私も2020年から楽天経済圏を意識して利用するようになり、気が付いたら1年で70000ポイント以上貯まっていました。

2021年も3月4日時点で18995ポイントですので70000ポイントは超えそうですね。

7000ポイント以上貯めている私ですが、必要最低限の楽天経済圏しか使わないことを決めており、楽天ポイントを貯めることが第一優先にならないようにしています。

そんな私が考える楽天経済圏をの始める順番と、楽天ポイントのおすすめな使い方を紹介していきます。

スポンサーリンク

楽天経済圏とは

楽天経済圏とは、日々の暮らしで使う必要なサービスを楽天グループのものを使うことで、効果的に楽天ポイントを貯めていくことを言います。

【楽天グループサービスの一例】

  • ネットショッピング
  • クレジットカード
  • 銀行
  • 携帯
  • 書籍購入
  • 電子決済
  • 証券
  • 電気
  • インターネット回線 などなど。。。

多数のサービスが存在します。楽天グループのサービスはお得なものが多く、効率よくポイントを貯めることができるようになっていますので、無理なくお得に楽天ポイントを貯めることができます。

私も実際携帯を楽天モバイルに変更することで、月4105円通信費が削減でき楽天市場での買い物のポイントUPも獲得できています

スポンサーリンク

どうしたらポイントが増えるの?

楽天グループのサービスを利用することでポイントがお得に貯めることができることはわかってもらえたと思います。

では、どうしたらポイントが増えるの?どうやってポイントがもらえるの?この疑問点について解説します。

ここで押さえておかなければならないことがSPUです。

SPUとは

SPUとは、スーパーポイントアッププログラムの略称になります。

例として、楽天市場で1000円の商品を楽天カードを利用して購入した場合のポイントを比較してみましょう。

楽天市場での商品購入の支払いを楽天カードで行うことでSPU対象+2倍の恩恵が受けられる

〇普通に購入の場合

1000円 × 1% = 10ポイント

〇楽天カードでの購入の場合

1000円 × (1%+2%) =30ポイント (通常の1%+SPUの2%)

一目瞭然で楽天カードを使った場合が効率的にポイントが貯めることがわかります。

このようにして様々なサービスを使いSPUを積み上げることで、より多くの楽天ポイントを貯めることが可能になります。

おすすめのSPU対象サービス

おすすめのSPU対象サービスを紹介します。

①楽天銀行 SPU+1倍

https://www.rakuten-bank.co.jp/merit/

まずは楽天銀行です。楽天カードの引き落とし先を楽天銀行にすることでSPU+1倍となります。

私もメインバンクとして使用しています。

なんといっても高金利に惹かれました。

私の元々使っていた銀行の普通預金金利は0.001%程度だったのに対し、楽天銀行は0.1%(マネーブリッジ設定必要)と100倍もの高金利です。

コンビニATMで24時間引き出せるのが助かります。

②楽天カード SPU+2倍

https://www.rakuten-card.co.jp/point/?l-id=corp_oo_from_gnav_to_point_pc

楽天カードは楽天経済圏を使うには必須と言えるクレジットカードです。

楽天市場で楽天カードを使ってお買い物をすることでSPU+2倍になります。

タイミングが良ければ楽天カードを作るだけで最大8000ポイントの楽天ポイントをもらうことができます。

※2021/3/4時点ではJCBブランド限定8000ポイント。その他ブランド5000ポイント

https://www.rakuten-card.co.jp/campaign/rakuten_card/listing/a.html?gclid=Cj0KCQiAhP2BBhDdARIsAJEzXlGplo_DCMie8-OkGPYM9O1vIje8T8Y7INFC6oTzV2AGjErIh3KgQxkaAhnLEALw_wcB

2.5 楽天プレミアムカード SPU+4倍

年会費11000円(税込)の楽天プレミアムカードがあります。

楽天プレミアムカードはSPU+4倍になりますので、楽天市場を多く使う人にはおすすめです。

年会費無料でSPU+2倍の楽天カードと比較すると、楽天プレミアムカードとのSPU倍率の差は2倍となります。

年会費11000円 ÷ 2% = 550000円

年間550000円(月約46000円)以上楽天市場で買い物をする人におすすめのカードです。

私は月46000円も使用しないので楽天カードのまま使用しています。

もし楽天プレミアムカードを作りたい方がいればバナーから申請してもらえると助かります。

③楽天市場アプリ SPU+0.5倍

https://event.rakuten.co.jp/app/

楽天市場アプリです。楽天市場でお買い物をするときに、楽天市場アプリから購入するだけでSPU+0.5倍もらえます。

ほしいものを買い物カートに入れて置き、購入するときだけ楽天市場アプリで行えばポイント反映されますので使わない手はないですね!

④楽天モバイル SPU+1倍

https://network.mobile.rakuten.co.jp/

UN-LIMT Ⅵ(楽天アンリミットⅥ)のプランを発表した楽天モバイルです。

楽天モバイルを使用するとSPU+1倍となります。

月額料金を楽天ポイントで支払いができることも大きな魅力です。



私も12月から楽天モバイルに乗り換えました。詳細はこの記事を見てください。

⑤楽天証券 SPU+1倍

https://www.rakuten-sec.co.jp/ITS/rakuten_g/start/

資産形成で必須といわれる、投資ができる楽天証券です。

楽天証券で楽天ポイントを1ポイントでも使い、月500円以上の投資信託を購入すると当月のSPU+1倍になります。

投資を始めてしまえばこの条件はかなり難易度は低く、積立てNISAと合わせて考えると資産も増やすことができ、SPUポイントUPもできるといういいとこ尽くしです。

※積立てNISAの解説についてはまた記事にします

以下は候補には挙げましたが、私は使わなかったSPU対象サービスです。

⑥楽天でんき SPU+0.5倍

楽天電気は基本料金が無料で、電気代金も安いです。契約することでSPU+0.5倍です。

一番の魅力は、楽天ポイントで電気料金の支払いができることではないでしょうか。

私は見積したところ現在の電気会社のほうが安かったため変更はやめました。

※2021年6月1日よりSPU対象外になるので注意

⑦楽天ブックス,楽天kubo SPU各+0.5倍,0.5倍

本などを販売する楽天ブックス、電子書籍を販売する楽天kuboで1000円以上の買い物をすると当月のSPU+0.5倍になります。(楽天ブックスSPU+0.5倍、楽天kuboSPU+0.5倍)

自己投資として書籍はかなり有効だと思いますので、毎月購入しSPUポイントUPを狙うことはありだと思いいます。

私は気に入っている知り合いの本屋さんがあるため、書籍はそこで買うと決めており、このサービスは使っていません。

楽天経済圏を使ってみて私が感じた注意すること。

実際に私が楽天経済圏を使用してみて、ここは注意したほうがいいと思うことを正直に書きます。

①ポイントを貯めたい一心で無駄遣いしてしまう

楽天経済圏を利用すると、ポイントがザクザク貯まることが嬉しくなり、貯めることが目的となってしまいがちです。

私は楽天市場でのポイントUPキャンペーンや、ポイント倍率が高い商品などを見ると、ついつい買ってしまいがちでした。

節約の基本は無駄な出費を減らすことで、その過程で楽天ポイントが貯まっていくことを理解し、無駄遣いをしないようにしましょう。

②お得だからと無駄なSPUアップサービスに契約してしまう

①と同じようにポイントを貯めることが目的となってしまい、ポイント倍率が上がるからという理由で不必要なサービスに契約することはやめましょう。

振り返ってみると、不必要なサービスを契約することで得られているポイントは、契約することでかかる代金の元を取れないことが多いです。

元が取るまでの時間や、SPU倍率UPの条件をこなすための時間も多くかかることがありもったいないです。

私が楽天でんきを契約しなかったのもこの理由からです。

基本は自分に必要なサービスのみを契約して獲得ポイントUPを狙っていきましょう

③SPUで獲得したポイントの有効期限が短い

楽天経済圏でSPUを活用するとザクザクポイントが貯まっていきます。

ただし、SPUで獲得したポイントは期間限定ポイントとして付与されます。

期間限定ポイントの有効期限は1か月程度と短く、その間に使い切らないともったいないです。

※通常の楽天ポイントの有効期限は1年間

そこで、楽天ポイントのおすすめの使い方を紹介します。

  • 楽天モバイルの支払いとして使う
  • 楽天でんきの支払いとして使う
  • 楽天ガスの支払いとして使う
  • 楽天ペイで使う

どうしても使い切れない場合は楽天市場でのお買い物に使いましょう。

まとめ

楽天経済圏を使用するとポイントがザクザク貯まり、生活に余裕ができます。

おすすめのSPUは

  • 楽天銀行
  • 楽天カード
  • 楽天市場アプリ
  • 楽天モバイル
  • 楽天証券
  • 楽天でんき
  • 楽天ブックス、楽天kubo

注意点

  • ポイントを貯めたくて無駄遣いしてしまう
  • 不必要なSPUアップサービスを契約してしまう
  • 期間限定ポイントは有効期限が短い

楽天経済圏をうまく使うにはSPUを意識してみましょう!ただし、注意点もあるので気を付けましょう。

楽天経済圏はかなりおすすめです!興味がある人はすぐ登録してみても損はないと思います!

私も私の周りも利用者たくさんです!

おわりっ

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村


長期投資ランキング



コメント

タイトルとURLをコピーしました