投資におけるリスクとリターンの関係性とは?【リスク資産への投資は必須】

悩み猫
悩み猫

「投資ってリスクが大きそうで怖いけど、リスクとリターンの関係性はあるの…?リスクを取ってでも投資はするべきなの…?投資初心者にでもわかるように教えてください。」

このような疑問に答えます。

投資を行う上で必ず出てくる「リスク」と「リターン」。この「リスク」と「リターン」には、大きな関係性があります。

これらの関係性について正しく理解することで、「リスクの取りすぎの回避」「適正なリターンを得る」ことができるようになります。

また、多くの投資未経験者が持つ「投資はリスクが大きく、お金が無くなりそうで怖い…」というイメージを払拭できると思います。

そこで今回は、投資における「リスク」と「リターン」の関係性についてグラフを用いてわかりやすく解説していきます。

また、リスクを取ってでも投資をするべき理由についても解説していきます。

スポンサーリンク

意外と勘違いされている「リスク」と「リターン」の意味

リスクとリターンの関係性について解説する前に、「リスク」と「リターン」の意味の認識を合わせておきましょう。

投資における「リスク」の意味は、意外と勘違いされている人も多いため注意です。

リスクとは?

リスクは「危険なもの、危ないこと」と思っている人が多いと思います。

しかし、投資におけるリスクとはリターンの振れ幅のことを言います。

リスクが大きい商品ほど、価格の上昇が大きいですが、損失リスクも大きくなります。反対にリスクが小さい商品ほど、価格の上昇は小さいですが、損失リスクも小さいといえます。

リターンとは?

投資によって得られる利益のことです。これは、イメージ通りだと思います。

スポンサーリンク

リスクとリターンの関係性とは?

それではリスクとリターンの関係性について解説していきます。

リスクとリターンの関係性は一般的には下記のとおり。

  • ハイリスク・ハイリターン
  • ミドルリスク・ミドルリターン
  • ローリスク・ローリターン

基本的には、「高いリスクを取ることで高いリターンが期待できる」また、「低いリスクでは低いリターンしか期待できない」という関係性があります。

なので、「リスク」と「リターン」は表裏一体といえます。

投資商品によるリスクとリターンの関係性

投資商品による、リスクとリターンの関係についてグラフで見てみましょう。

グラフについて特徴も含めてまとめると、下記のとおり。

  • 預貯金:ある程度の元本保証だがほとんど利益0
  • 債権:ローリスク・ローリターン
  • 投資信託:ファンドによってリスクとリターンの幅は様々
  • 株式:ハイリスク・ハイリターン

投資でのリスクとリターンの関係性は、高いリターンを目指すとリスクが上がり、低いリスクで運用しようとすると低いリターンしか得られません。

なので、ローリスク・ハイリターンのような最高な商品は存在しません。もし、そのような商品をすすめられた場合、ほぼ100%詐欺だと思っておきましょう。

しかし、ハイリスク・ローリターンのぼったくり商品はとても多くあります。銀行窓口でおすすめされる商品はほとんどぼったくり商品ですね。。。

銀行窓口で投資商品を買うと損をする理由について解説してます▼

このようなぼったくり商品は投資信託に多いです。購入を検討する際は、良い商品・悪い商品の見極めを慎重に行わなければいけません。

優良投資信託の選び方についての記事を参考にどうぞ▼

投資商品によってリスクとリターンの特徴が変わってきます。

これらの商品をうまく組み合わせることで、自分に最適なリスクとリターンのバランスで運用することができます。

リスク資産に投資するべき理由4つ

リスクとリターンの関係性について解説してきました。投資商品の組み合わせなどによって、リスクとリターンのバランスを調整して運用ができるとわかったと思います。

しかし、「結局リスクがあるなら、リスクの低い預貯金でいいじゃん!」「リスクとリターンのバランスを考えるって、難しそうだから投資する気になれない」という人も多いでしょう。

それでも、将来について考えると、全員がリスク資産への投資にチャレンジしてほしいと思っています。

うり
うり

日本の将来は不安がたくさん…。

そのことを考えると、リスク資産への投資は必須レベル!

その理由は下記のとおりです。

  • 超低金利
  • 減り続ける年収
  • インフレリスク
  • 老後資金

多くの人は、お金を銀行に預けておく「預金」をしているのではないでしょうか。

この銀行預金は、皆さんのお金を銀行に貸している状態であり、ここに金利がついてきます。

しかし、現在の普通預金金利は0.001%(参考:日本銀行)のため、金利がついているといっても資産はまったく増えませんよね。。。

また、サラリーマンの平均年収も下記グラフのようにどんどん下がってきています。

引用:年収ラボ

さらに、今後のインフレリスクや、「老後2000万円問題」といわれている老後資金のことを考えると、将来多少の資産は持っておかなければならないとわかります。

インフレとは

インフレとは、物の価格が上昇すること。例えば、現在100円で買えるジュースが200円に値上がりすること。また、お金の価値が目減りすること。

多くの人が行っている「預金」では資産は増えず、減り続ける給料・将来のことを含めてを考えると、リスク資産に投資をすることは必須といえるでしょう。

うり
うり

投資は、若ければ若いほど有利です。

思い立ったら即行動。チェレンジしてみましょう!

投資初心者におすすめの本です。

投資する上での注意点から、リターンとリスクのバランスを踏まえたうえでの投資について、赤裸々に書いてあります。

気になった方は参考にどうぞ。

投資初心者は少しずつリスク資産の配分を増やしていこう

リスク資産に投資することの必要性についてわかったと思います。

そこで、「将来のためにリスク資産買おう!」と思われた方は下記を意識して投資を始めてください。

『いきなり多くのリスク資産を買わない。少しずつ配分を増やしていこう。』

下記のように投資商品による、リスクとリターンの関係性について説明しました。

  • 預貯金:ある程度の元本保証だがほとんど利益0
  • 債権:ローリスク・ローリターン
  • 投資信託:ファンドによってリスクとリターンの幅は様々
  • 株式:ハイリスク・ハイリターン

ですが、債権・投資信託・株式が実際どのような値動きをするのかわからないと思います。

なので、それぞれ味見程度に買ってみて、値動きを体感したうえで徐々に自分に適した配分に調整していくと良いでしょう。

ちなみに私は、ざっくり「預貯金30%・投資信託40%・株式30%」を基準に運用しています^^

うり
うり

投資商品によるリスクとリターンの特徴を理解して、自分に合ったバランスで投資することが重要!

リスク資産を買うには証券口座の開設が必須

リスク資産を買うには証券口座の開設が必須です。初めて証券口座を開設するのであれば下記3社がおすすめです。

  • 楽天証券
  • SBI証券
  • 松井証券

✅楽天証券

楽天証券はSPU+1倍などの特典があるため、楽天経済圏を使っている人には最もおすすめです。2019年・2020年口座開設数NO.1と大人気のネット証券です。

口座開設はこちら☞ 楽天証券

✅SBI証券

SBI証券は口座開設数NO.1の業界最大手のネット証券です。2020年の顧客満足度1位を獲得している優良ネット証券です。

口座開設はこちら☞ SBI証券

✅松井証券

松井証券はサポート体制が最も整っているため、投資初心者におすすめのネット証券です。情報ツールも充実しており、他社では有料で提供しているようなサービスを無料で使うことができます。

口座開設はこちら☞ 松井証券

おすすめネット証券の詳細が知りたい人は下記記事を参考にしてみてください▼

投資のリスクとリターンの関係性について解説してきました。

「リスクとリターンのバランスを決めるのは自分次第」と分かったと思います。投資に過剰なリスクを感じている人のイメージを、少しは緩和できたのではないでしょうか。

また、リスク資産への投資は将来のことを考えると必須といえるでしょう。まずはお試し感覚でいいので挑戦してみてください。

というわけで、今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました