リスク資産に投資をするべき4つの理由【銀行預金のみでは将来が不安です】

『お金はすべて銀行預金』という人は多いのではないでしょうか?

日本では銀行預金が当たり前ですよね。

しかし、それではお金がまったく増えません。

また、日本の将来を考えると、銀行預金のみではなくリスク資産への投資をしなければ、将来苦労するでしょう。

本記事では、リスク資産へに投資をするべき理由について、日本の将来についても含め解説していきます。

リスク資産とは

投資元本が保証されていない資産。値動きがあり、収益が期待できる反面、損失を被る可能性もあります。

うり
うり

銀行預金のみではまずい!という気持ちになれると思います。

将来のためにも、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

リスク資産に投資するべき4つの理由

リスク資産に投資するべき4つの理由は下記のとおり。

  • ①老後資金
  • ②超低金利
  • ③インフレリスク
  • ④減り続ける給料

①老後資金

少し前から、老後2000万円問題について耳にします。

この問題は、定年退職をした夫婦が95歳まで生きるには、約2000万円の金融資産の取り崩しが必要になると、金融庁が発表したことで大きな話題になりました。

要するに、まともな老後生活を送るには、老後資金を各自で準備しておきましょうという通告ですね。。。

なので、公的年金制度に頼ると資金不足に陥る可能性があるため、長期・分散型の資産運用が今後は重要といわれています。

②超低金利

多くの人は、お金を銀行に預けておく「預金」をしているのではないでしょうか。

うり
うり

私も、ゆうちょ銀行口座と楽天銀行口座の2つ持ってます。

この銀行預金は、皆さんのお金を銀行に貸している状態であり、ここに金利がついてきます。

しかし、金利がついているといってもまったく増えませんよね。。。

これは、現在の普通預金金利は0.001%であるからです。(参考:日本銀行)100万円預けていても10円しか増えない。。。

「預金」はある程度の元本保証をされているところが多くリスクは小さいですが、現在の日本は超低金利のためまったくお金は増えません。

③インフレリスク

今後インフレが進んでいくともいわれています。

インフレとは

私たちが普段買っている、物やサービスの値段が上がること。物価が上昇する状態のことを指します。

インフレの例

下図のように、2020年では100円だったジュースが、2030年には200円になる状態です。

程よいインフレは下記サイクルが生まれるため、良いとされています。

『物の価格が上がる⇒物を売る企業の収益UP⇒従業員の給料が増える⇒物を買う意欲が上がる』

しかし、物の価格上昇に見合う、給料の増加がなければ、インフレはただ辛いだけですよね。

この辛いインフレが起こるリスクがあるといわれています。

④減り続ける給料

サラリーマンの平均年収を年度別に見てみましょう。

引用:年収ラボ

見るからに右肩下がりで給料は減少しています。

今後インフレは進み、給料は下がっていきます。また、超低金利でお金も増えない。。。

悲惨な将来が見えますね。。。

うり
うり

悲惨な将来を回避するには、リスク資産への投資が必須!

スポンサーリンク

リスク資産への投資は、今後必須になってくる

上記で説明してきたように、日本の将来はお世辞にも明るいとは言えません。

なので、超低金利の日本で、銀行預金のみでは将来が不安です!

今後のことを考えると、リスク資産への投資は必須になってくるといえます。

では、リスク資産へ投資をすることでどう将来が変わってくるのか、シミュレーションしてみましょう。

このまま銀行預金を続けた場合

毎月3万円を30年間、銀行預金(年利0.001%)を続けた場合が下記の通り。

引用:楽天証券 積立かんたんシミュレーション

約1080万円貯まることがわかります。

しかし、投資元本は1080万円ですので、1616円しか増えていません。

超低金利の日本では、30年間お金を預けていてもまったく増えないのが現実です。悲惨ですね。

年利5%が見込めるリスク資産へ投資した場合

では、毎月3万円を30年間、年利5%が見込めるリスク資産に投資した場合はどうでしょう。

引用:楽天証券 積立かんたんシミュレーション

約2496万円貯まることがわかります。

投資元本は1080万円ですので、1416万円も資産が増加しています。

銀行預金とリスク資産へ投資した場合の比較

銀行預金とリスク資産へ投資した場合の比較を行ったものが下表です。

差額を見ると、かなり大きな金額です。

また、長期になればなるほど、大きな差ができていることがわかります。

長期投資になるほど有利になることから、より長期投資のできる若いうちからリスク資産への投資を始めたほうがいいとわかります。

20代など若いうちから投資を始めるべき理由について詳細を解説しています。参考にどうぞ▼

20代からの長期投資は最強な理由【時間が最大の武器】

注意点

リスク資産は、元本割れのリスクがあります。このリスクを理解したうえで投資を行いましょう。

投資の第一歩は「つみたてNISA」がおすすめ

リスク資産への投資は、つみたてNISAから始めてみるといいでしょう。

つみたてNISAとは

年40万円を上限として購入した商品で得られた利益には20年間税金がかからないという、少額の投資を支援するための非課税制度。

簡単に言うと、「少額の投資をサポートするので皆さん投資を始めてみましょう。」という国が作った制度です。

また、下記のような特徴もあり、始めるためのハードルも低いです。

  • リスクが低い
  • 手間がかからない
  • 少額から投資ができる

実際私も、つみたてNISAから投資を始めました^^

つみたてNISAの詳細を記事にしていますので、参考にどうぞ▼

【かなりお得】つみたてNISAとは?メリット・デメリットも解説

うり
うり

国が国民に投資を始めてもらうために作ったお得な制度ですので、使わない手はないですね!

つみたてNISAを始めるにはまずは証券口座開設から

つみたてNISAを始めるためには、まず証券口座の開設が必須です。

初めて証券口座を開設する人は、とりあえず楽天証券で問題ありません。

上図のように顧客満足度もNo.1と安心もできるため、初めて口座開設をする人はとりあえず楽天証券で間違えないでしょう。

詳しく知りたい人は、「投資を始めるなら「楽天証券口座」を作ろう【楽天と生きていく】」で解説しています。

口座開設はこちら

まとめ:日本の将来を想定して、投資へチャレンジ

これまで解説してきたように、日本の将来は明るいとは言えません。

しかし、このことを想定しておき、老後資金などを事前に準備しておけば対応できます。

日本では銀行預金が当たり前とされていますが、それだと資産はまったく増えません。

増やしていくためには、リスク資産への投資が必須です。

国も投資をすすめているぐらいですから、今後ますます注目されていくことでしょう!

まずは少額でもいいのでチャレンジしてみましょう!

というわけで、今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました