少額投資は意味がない?ある?主張をまとめてみた【私は意味ある派】

同僚
同僚

少額で投資を始めたけど、「投資は大きな資金でやらないと、意味ないよ~。お金貯まるまでやるのやめたら?」と先輩に言われたんだけど。実際ほとんど増えてないし…。どう思う?

私の同僚が少額投資について悩んでいて、質問をしてきました。同じような疑問を持っている人もいるのではないでしょうか?

この記事では、

  • 少額投資は意味ない派
  • 少額投資は意味ある派

の主張についてまとめていきます。少額投資のメリット・デメリットもあわせて説明していきます。

スポンサーリンク

少額投資のメリット・デメリット

まずは少額投資メリット・デメリットについて知っておきましょう。

✅メリット

  • 投資の経験・スキルが得られる
  • リスクを抑えて投資できる
  • 考え方が変わるきっかけになる

✅デメリット

  • 利益が少ない
  • 時間がとられる
  • 元本割れリスクがある

メリット・デメリットについては後述する、少額投資は意味ある派とない派の主張の中でわかってくると思います。

スポンサーリンク

少額投資は意味がない?ある?

結論から言うと、

資産を増やすことだけが目的であれば、意味はない。しかし、その他に得られる効果も多くある。

という感じです。

なので、先程解説したようなメリット・デメリットもありますので、「意味ないから少額投資はやめよう。」と決めつけてしまうのはNGです。

人それぞれ考え方があると思いますので、少額投資は意味ない派と意味ある派の主張をまとめてみたいと思います。

少額投資は意味ない派の主張

少額投資は意味ない派の主張は下記のとおり。

  • 利益が少ない
  • 自己投資に充てるべき

利益が少ない

少額投資では、リターンがかなり小さくなります。

投資では一般的に年利3%~7%を狙っていくのが普通です。高い利率を狙うほどリスクも大きくなります。

✅例えば、月1万円の投資を20年間続けた場合の利益を見てみましょう。

リスクを取って7%で運用しても、20年間で利益280.93万円です。20年間の投資で車1台買える程度の資産しか増えないのは、少ないと思う人は多いのではないでしょうか。

✅次に、月10万円の投資を20年間続けた場合の利益を見てみましょう。

7%で運用すると、20年間で利益2809.27万円とかなり大きいですよね。

このように、月の積立額(入金額)が変わってくるだけでこれほど差が出てきます。

なので、少額投資は利益が得られにくいとわかります。

自己投資に充てるべき

少額投資に充てているお金を自己投資に回すべきという意見があります。

✅自己投資例

  • 本を買う
  • 旅行をする
  • 投資セミナーへ行く

上記は一例ですが、このような自己投資も良いでしょう。

今後、投資をしたいというのであれば、本で知識を蓄えたり投資のセミナーに行ってみることもありです。基本知識をつけながらお金を貯めて、ある程度貯まってから投資をするという考え方もあります。

本は投資だけではなくいろいろな知識をの幅を広げることができますし、投資セミナーも初心者向けの無料体験などもあります。

おすすめオンラインセミナーまとめです。参考にしてみてください▼

【無料あり】お金・投資のおすすめオンラインセミナー3選【投資の第一歩】

また、旅行などの遊びに時間とお金を使うべきです。若くないと旅行なども楽しめません。

少額で小さな利益を期待するのであれば、そのお金を自己投資に使って人生を豊かにしていくという考え方もあります。

少額投資は意味ある派の主張

少額投資は意味ある派の主張は下記のとおり。

  • 投資の経験・スキルが得られる
  • 投資を始めるきっかけになる
  • お金に対する考え方が変わるきっかけになる

投資の経験・スキルが得られる

少額投資の最大のメリットは、投資の経験・スキルが得られることではないでしょうか?

実際に投資を行うことで、下記のような投資の経験やスキルが得られると思います。

  • 投資関連の知識が自然と分かるようになる
  • 世界の経済状況などに興味を持つ
  • 日々の価格変動に慣れることができる
  • 銘柄の調べ方やチャートの見方が分かるようになる

これらの経験やスキルは、今後投資をしていく上では必ず必要となってきます。早い段階で、手に入れておいて損はないでしょう。

また、最近では株式を仮想で売買して、投資のシミュレーションができるようなサービスもあります。しかし、自分のお金で実際に投資をする場合とはまったく感じ方が違ってきますし、経験やスキルも得られるものが小さいです。

なので実際に少額投資をして得られるものは大きいと思います。

投資を始めるきっかけになる

少額での投資のため始めやすいです。

投資は長い期間運用していくことで「複利効果」が発揮されます。そのため、できるだけ早く投資を始めることで資産形成に有利に働きます。少額投資は投資を始める第一歩として、とてもいいでしょう。

複利効果について詳しく知りたい方はこの記事を参考にしてみてください▼

また、損失が出た場合でも小さくて済みます。

特に投資初心者は投資の経験や知識が浅いため、損失が出てしまうことが多い傾向にあります。いきなり大きなお金で損失を出すより、まずは少額で損失を出しながらでも経験や知識を蓄えていくといいでしょう。

考え方が変わるきっかけになる

実際に投資をしてみると、いろいろな考え方が変わってきます。

私も実際投資を始めてから、「日々の買い物は浪費じゃないのか?」「時間を有意義に使えているか?」など振り返ったり、考えるようになりました。

圧倒的に無駄遣いは減りましたし、ものを価値で判断するようになりました。

このように、お金や時間を今までよりベストな部分に使えるようになれました

まとめ:資産は増えないが見えない資産は増える

以上、少額投資の意味ない派・意味ある派の主張を簡単に見てきました。

これらを踏まえて考えると、私は少額投資に意味はあると思います。

少額投資は利益が小さく資産は増えませんが、経験やスキル、考え方など、その人自身の見えない資産は増えていくからです。

やはり投資はやってみないとわからないことが多くあります。また、今後は投資の必要性も高まってくることでしょう。

余剰資金がある人はまず挑戦してみましょう。

というわけで、今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

<br>うりさん<br>

うりさん

下記バナーをクリックしていただけるとモチベーションUPにつながります!(^^

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村



コメント

タイトルとURLをコピーしました