投資を若いうちから経験するべき理由【結論:スキルUP/マインドチェンジ】

悩み猫
悩み猫

「投資って、若いうちから経験したほうがいいの…?資金が貯まってからの方がいいんじゃないの…?投資初心者にでもわかるように教えてください。」

このような疑問に答えます。

「投資について勉強ばかりして実践できていない人」

「投資に興味を持ったけど、勉強も実践もできていない人」

このような人が多いのではないでしょうか?

投資はある程度の勉強は必要ですが、実際に経験してみることもとても重要です。

本記事では、「投資を若いうちから経験するべき理由」「何から実践すればいいのか」について解説していきます。

この記事で、投資を始めるきっかけになってもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

投資を若いうちから経験するべき理由

投資は若いうちから経験しておくべきです。

その理由は下記3つ。

  • ①投資の知識や力がつく(スキルUP)
  • ②お金を「使う」・「稼ぐ」についてマインドが変わる
  • ③失敗から学べる

①投資の知識や力がつく(スキルUP)

投資を経験することで、嫌でも下記のような投資の知識や力がつきます。

  • 銘柄選定
  • チャートを読む力
  • 投資商品の購入・売却
  • リスク回避
  • 最適な投資スタイルがわかる

これらの知識や力を持つことで、投資を有利に進めることができるため、若いうちにこのような知識・力をつけておくことはとても重要です。

銘柄選定

少しずつ「どのような銘柄が優良なのか」「今後も伸びしろがあるのか」など自分で調べ、判断ができるようになってきます

初心者のうちは、インフルエンサーなどがおすすめする銘柄や、知名度の高い人気銘柄を選んでいた人も多いですよね?

しかし、自分で銘柄選定ができるようになると更に投資が楽しくなってきます。

チャートを読む力

チャートの読み方も少しずつ分かるようになってきます。

下図はVTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)のチャートです。

なんか難しそうですよね。。。?

しかし、このようなチャートが読めるようになります。

チャートが読めることで、下記についてわかるようになります。

  • 底値・高値の目途がわかる
  • 上昇トレンド・下降トレンドがわかる
  • 銘柄のチャート比較ができる

チャートは投資を有利に進めるうえで重要な1つです。

投資商品の購入・売却

投資商品の売買に慣れることができます。

初心者のうちは、買う・売るの行動を中々することができないんですよね。。。

そのため、安値で買う機会を逃してしまうことや、売るタイミングを逃し損失を被ってしまうことがしばしばあります。

しかし、投資を経験するうちに売買に慣れ、このような機会損失を起こしにくくなります

特に、損切りのタイミングがわかってくることで、大損をすることが少なくなることが大きなメリットです。

大損しないことで、利益も積み上げやすくなってくるでしょう。

リスクの回避

投資の知識や力を身につけ、売買に慣れることで、リスクの回避をすることもできるようになります。

投資は『大負けすることなく小さく勝ち続ける』ことが大切です。

そのため、リスクを回避するという力はとても重要になります。

最適な投資スタイルがわかる

自分に最適な投資スタイルが確立されてきます。

私は投資を若いうちに経験しておく理由で、一番重要と思っています。

投資を経験していくうちに、自分に最適な3つの項目についてわかってきます。

  • ①リスク許容度
  • ②投資商品
  • ③最適なポートフォリオ

自分のリスク許容度を把握することで、リスクの取りすぎを回避することができます。

また人によって、「米国個別株が好き」「投資信託が好き」など好きな投資商品も変わってきます。

自分の好きな投資商品がわかることで、その投資商品をベースにポートフォリオを考えることができるようになります。

また、リスク許容度や好きな投資商品がわかることで、自分に最適なポートフォリオを組むことができます

若いうちに投資を経験することで、3つの項目について早く知ることができるため、今後の投資を有利に進めることができます。

うり
うり

投資の知識や力は若いうちから持っていて損なし!

②お金を「使う」・「稼ぐ」についてマインドが変わる

投資を始めると、お金を「使う」・「稼ぐ」についてマインドが変わります。

私も実際投資を始めてから、「日々の買い物は浪費じゃないのか?」「通信費・保険・サブスクなどの固定費は最適か?」など振り返ったり、考えるようになりました。

その甲斐あって、圧倒的に無駄遣いは減りましたし、ものを価値で判断するようになりました。

また、投資によって資産を築くうえで『入金力』はとても大切です。

そのため、「稼ぐ」ということを意識するようになり、日々の仕事を頑張り、ブログも始めました。

日々の仕事は将来のセミリタイアのために嫌々頑張ってますが。。。笑

このように、お金を「使う」・「稼ぐ」についてマインドが変わりました。

若いうちにマインドを変えることで、長期的に見ると大きな支出低減や、収入増加につながります

③失敗から学べる

投資をしていくと必ずと言っていいほど失敗します。

若い人と年齢が高い人で、投資に失敗した場合を考えてみましょう。

  • 20代が資産50%失った場合 ⇒ また貯めよう ⇒ 経験値UP
  • 50代が資産50%失った場合 ⇒ もう嫌だ ⇒ 相場から離れる

どちらも資産を失った場合、悲しいと思います。

しかし20代などの若い人は、元の資産額も小さく、失った資産も小さいことが多いと思われます。

また、これからの人生が長いため「またお金を貯めて投資にチャレンジしよう!」という気持ちになりやすいです。

なので、失敗しても投資の経験値UPにつながり、次に活かすことができます

50代で失敗してしまうと、元の資産額も大きいため損失額も大きく、「また投資に再チャレンジ」という気持ちには中々なれないと思います。

年齢を重ねるにつれて、失敗した時にネガティブな考えをしてしまいがちです。

このように投資を若いうちから経験しておくことで、失敗もポジティブにとらえることができ、次に活かすことができます

うり
うり

投資はとにかく若いうちから経験しておくことが重要!

スポンサーリンク

投資初心者は「少額から投資」を始めてみよう

投資初心者はまず少額投資から始めてみましょう。

少額投資をおすすめする理由は下記のとおり。

  • 初心者は損失を出しやすい
  • リターンよりまずは経験

投資初心者はリスク回避などの知識が少ないため、どうしても損失を出してしまいやすいです。

そのため、いきなり大きな資金で投資を始めてしまうと損失が大きくなります。

実際私も10万円から投資をスタートしました。

また、正直なところ少額投資でのリターンはかなり小さいです。ジュースが買える程度か、良くても外食1回分くらい。。。

そのため少額投資は意味がないという人もいます。

しかし、これまで説明してきた通り、まずは投資の経験をすることが重要です。

経験を積むにつれて、投資額を増やしたり、投資銘柄を増やしていきましょう。

少額投資について書いた記事です。参考にどうぞ▼

何から始めていいかわからない人は「つみたてNISA」がおすすめ

少額投資を始めたほうがいいというけど、結局何を買えばいいの?という人は、「つみたてNISA」から始めてみましょう

「つみたてNISA」は購入できる商品が、優良投資信託のみと選びやすいため、投資初心者にピッタリです。

また「つみたてNISA」は、少額の投資を支援するための非課税制度です。税金の面でも優遇されます。

「つみたてNISA」について解説した記事です。参考にしてみてください▼

まとめ:投資は若いうちから経験しておくべき

これまで解説してきた通り、投資は若いうちから経験しておくことが大切です。

もう一度、経験しておくべき理由について貼っておきます。

  • ①投資の知識や力がつく
  • ②お金を「使う」・「稼ぐ」についてマインドが変わる
  • ③失敗から学べる

「投資に興味はあるけど踏み出せていない」という人は、お試し感覚でいいので始めてみることをおすすめします。

投資を始めるには、証券口座開設が必須ですが、この口座開設が第一関門といわれています。

まずはこの関門を頑張って超えてみましょう。

初めて証券口座を開設する人は、楽天証券がおすすめです。

詳しく知りたい人は、「投資を始めるなら「楽天証券口座」を作ろう【楽天と生きていく】」で解説しています。

口座開設はこちら

というわけで、今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました