内装カスタム

【本音レビュー】新型ジムニー専用ラゲッジマットの魅力を徹底解説

ジムニー専用ラゲッジマットのレビュー
困り人
困り人

ジムニー専用ラゲッジマットって、実際どうなの?

使った人の感想を知りたい…。

このような疑問に答えます。

本記事の内容
  • 新型ジムニー専用ラゲッジマットを選ぶメリット5つ
  • 新型ジムニー専用ラゲッジマットを選ぶデメリット1つ
  • 【レビュー】新型ジムニー専用ラゲッジマットを使ってみた感想

私の買った、ジムニー専用ラゲッジマットがコレ!

敷くだけで簡単に使えるマットタイプです。マットタイプのラゲッジマットは、最も使いやすくおすすめです。
>>ラゲッジマット4つのタイプについて詳細を解説

今回は、私が実際に使ったリアルな感想などを、デメリットも含めて正直ににレビューしていきます!

うり
うり

【自己紹介】

  • 20代後半
  • JB64ジムニー乗り
  • 2022年3月納車
  • 主に街乗り。たまにアウトドア。
  • 20か所以上のカスタムを実施

愛車を売りたい人・下取りに出そうとしている人は、ネットで一括査定をするのがおすすめ

MOTAの車一括査定をするメリット

  • 最大20社に「一括」で査定依頼ができる
  • 高額査定の最大3社のみとのやり取りでOK
  • しつこい営業電話なし
  • 完全無料で一括査定ができる
  • 査定額が出るまで実車を見せずネットで完結
  • 申し込んだ翌日18時に概算査定額がわかる
  • 納得しなければキャンセルOK

最大20社もの業者と比較できることで、愛車を高額で売却することができます。

ネットで完結でき、しつこい電話もないため、どこの一括査定サイトを使うか悩んでいる人は「MOTAの車一括査定」をおすすめします。

\愛車を楽に20社以上の業者で比較査定!/

スポンサーリンク

新型ジムニー専用ラゲッジマットを選ぶメリット5つ

新型ジムニー専用ラゲッジマットを選ぶメリット5つがこちら。

  • 荷物が滑らなくなる
  • ラゲッジスペース表面を傷から守る
  • ラゲッジスペースを汚れや水分から守る
  • サイズがぴったり
  • 使わないときはラゲッジボックスに収納できる

それぞれ解説していきますね。

荷物が滑らなくなる

ジムニーのラゲッジスペースの表面はこんな感じ。

ジムニーラゲッジスペース表面
ジムニーのラゲッジスペース表面

凹凸がつけられていますが、これだけだと荷物がめちゃくちゃ滑ります。危ないですし、荷物の中身もぐちゃぐちゃです。

ですが、ジムニー専用ラゲッジマットは、表面が滑りにくい素材でできており、表面に施された起伏が適度なクッション性をもたらすとともに、貼り付きにくさを両立しています。

ジムニー専用ラゲッジマットの表面

また、ラゲッジマットの裏面も滑りにくい材質になっているため、荷物を載せていなくてもマットは滑りません。

ラゲッジマット裏面も滑りにくい材質

ラゲッジスペース表面を傷から守る

多くの車のラゲッジスペースは、絨毯のような材質でできているので傷がつきにくいですが、ジムニーは樹脂なんですよね。

そのため、傷もつきやすく目立つんです…。

ラゲッジマットを敷くことで、この傷から守ることができます。きれいにジムニーを乗りたい人は、納車してらすぐに敷くことをおすすめします!

ラゲッジスペースを汚れや水分から守る

ラゲッジマットは、防水性があるため多少の水分であれば、ラゲッジスペースを守ることができます。

また、汚れも取れやすい材質のため、タオルで拭くだけで取れますし、頑固な汚れはマットを水洗いすることもできます。

アウトドア好きな人や、汚れたものを乗せることが多い人は必須アイテムです!

サイズがぴったり

ジムニー専用というだけあり、サイズがぴったりです。ほとんど隙間なくカバーすることができます。

サイドもぴったりサイズ

サイズが大きくたるんでいると、荷物が積みにくく見栄えも悪いです。
逆にサイズが小さいと、ラゲッジスペース全面を汚れ・傷から保護することができません。

やはりサイズがぴったりのジムニー専用設計が良いですね!

使わないときはラゲッジボックスに収納できる

ラゲッジマットは柔軟性があり、丸めることができます。丸めたメットを固定するためのマジックテープもついているのはうれしい点です。

丸めたマットはラゲッジボックスにちょうど収納できるサイズ感なんです!

ラゲッジマットを使わない場合でも、ラゲッジボックスに収納しておくことで邪魔にもなりません。

ラゲッジマットは丸めることができる
ラゲッジボックスに収納可能

また敷くだけで使え、テープなどで固定する必要もないため、取付け・取り外しが簡単です。

スポンサーリンク

新型ジムニー専用ラゲッジマットを選ぶデメリット1つ

ジムニー専用ラゲッジマットを選ぶデメリットは、ぶっちゃけほとんどありません。

しいて言うなら、以下の1つ。

  • 後部座席が使いにくくなる

解説していきます。

後部座席が使いにくくなる

ジムニー専用ラゲッジマットを使うには、前提として後部座席を倒してフルフラットにしなければいけません。

もし後部座席を使いたくなった場合は、ラゲッジマットを片付けて、後部座席を起こす必要があります。

そのため、後部座席を使いにくくなると言えるでしょう。

うり
うり

私は、後部座席を使うことがほとんどないため、ラゲッジマットは敷いたまんまです。

【レビュー】新型ジムニー専用ラゲッジマットを使ってみた感想

新型ジムニー専用ラゲッジマットを使ってみた感想をまとめるとこんな感じ。

良かった点
  • 荷物が滑らない
  • マットだけでも滑らない
  • 敷くだけで使え、サイズもぴったり
  • 傷・汚れからの保護は文句なし
少し不満な点
  • 左右の隙間にだけ汚れが溜まる

ぶっちゃけ、かなり満足しています!

荷物は滑らないですし、マットだけでも滑りません。サイズもぴったりで、傷・汚れからもしっかり守ってくれています。

不満点があると言えば、ラゲッジマットと左右の隙間に汚れが溜まることですね。
この部分は、定期的に掃除が必要になります。

ですが、トータルを考えると値段以上に活躍してくれています!

まとめ

今回は、ジムニー専用ラゲッジマットのメリット・デメリットや、実際に使った感想などについて解説しました。

本記事をまとめるとこんな感じ。

ジムニー専用ラゲッジマットのメリット
  • 荷物が滑らなくなる
  • ラゲッジスペース表面を傷から守る
  • ラゲッジスペースを汚れや水分から守る
  • サイズがぴったり
  • 使わないときはラゲッジボックスに収納できる
ジムニー専用ラゲッジマットのデメリット
  • 後部座席が使いにくくなる

実際に使用してみて、よかった点・少し不満な点はこちら。

良かった点
  • 荷物が滑らない
  • マットだけでも滑らない
  • 敷くだけで使え、サイズもぴったり
  • 傷・汚れからの保護は文句なし
少し不満な点
  • 左右の隙間にだけ汚れが溜まる

ぶっちゃけかなりコスパに優れた、とても満足度の高いラゲッジマットです。

ラゲッジマットの購入を迷っている人は、ぜひこの記事を参考に検討してみてくださいね!

初心者もできるおすすめカスタムがこちら
>>おすすめジムニーカスタム10選を紹介!
外装カスタムまとめがこちら
>>ジムニー/シエラおすすめ外装カスタム
内装カスタムまとめがこちら
>>ジムニー/シエラおすすめ内装カスタム

愛車を売りたい人・下取りに出そうとしている人は、ネットで一括査定をするのがおすすめ

MOTAの車一括査定をするメリット

  • 最大20社に「一括」で査定依頼ができる
  • 高額査定の最大3社のみとのやり取りでOK
  • しつこい営業電話なし
  • 完全無料で一括査定ができる
  • 査定額が出るまで実車を見せずネットで完結
  • 申し込んだ翌日18時に概算査定額がわかる
  • 納得しなければキャンセルOK

最大20社もの業者と比較できることで、愛車を高額で売却することができます。

ネットで完結でき、しつこい電話もないため、どこの一括査定サイトを使うか悩んでいる人は「MOTAの車一括査定」をおすすめします。

\愛車を楽に20社以上の業者で比較査定!/

愛車の下取りちょっと待った!一括査定で買取り金額UPできます。

車を言われるがまま下取りに出そうとしている人は、とりあえず「MOTAの一括査定」を行ってみましょう。
メリットがこちら。

・買取り金額の大幅UPできることがある
・1度の申込で最大20社に査定してもらえる
・最大3社のみのやり取りのため電話ラッシュ無し
・完全無料で査定額に満足できなければキャンセルOK

「下取り額より高いか確認」くらいの気持ちで、とりあえず問合せてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人
うり

うりさんブログを運営している、うりです。
JB64ジムニーに乗っている運営者が、ジムニーの魅力や欠点、カスタムについて紹介しています。気づいたらmyジムニーは20か所以上のカスタムをしていました。
レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問合せページまで。

うりをフォローする
うりをフォローする
うりさんブログ

コメント

車の下取りちょっと待った!高く売るなら車一括査定サイトを使おう。
詳細はコチラ
車を下取りより高く売れる車一括査定サイト!
詳細はコチラ
タイトルとURLをコピーしました