ジムニージムニー・雑記

【ジムニー】ラゲッジマットの「選び方」と「おすすめ5選」を紹介!

ジムニーのラゲッジマット
困り人
困り人

ラゲッジマットを買いたいけど、いろいろなタイプがあってよくわからない…。選び方を教えて!また、おすすめのラゲッジマットも紹介してほしい!

このような疑問に答えます。

本記事の内容
  • ジムニーにはラゲッジマットが必須の理由
  • JB64ジムニーのラゲッジマットの選び方
  • ジムニーにおすすめのラゲッジマット5選

ジムニーのラゲッジスペースって、荷物が滑りやすかったり、傷がつきやすかったりと使いにくいですよね。

そこでこの記事では、ジムニー必須アイテムの「ラゲッジマット」の選び方・おすすめ5選を紹介します!

うり
うり

【自己紹介】

  • 20代後半
  • 2022年3月納車
  • JB64 2型
  • ミディアムグレー
  • 主に街乗り
  • 最高のジムニーになるよう、少しずつカスタムを進めています^^

新型ジムニーの納期が長い…。すぐに納車したい…。と悩まれている方は、中古車のガリバーで、探してみるのがおすすめ!(たくさんありますし、ジムニー以外もあります。)

もちろん無料なので、チェックだけでもしてみる価値ありです!チェックは簡単3分で完了。

スポンサーリンク

ジムニーにはラゲッジマットが必須の理由

JB64ジムニーのラゲッジスペースがこちら。

後部座席がフルフラットになり、荷物を積めるため便利ですよね。

ただ、以下のような問題点があるんですよね…。

  • 荷物が滑る
  • 表面に傷がつきやすい
  • 隙間に小物が落ちたり、汚れが溜まる

ラゲッジスペースの表面は、凹凸が作られていますが、これだけだと荷物がめちゃくちゃ滑ります。

ラゲッジスペース

また、表面が樹脂のため傷もつきやすいです。傷がつくと、元のきれいな状態に戻すこともできません。

いたるところに隙間もあるため、小物を落としたりする可能性もあります。

そのため、きれいに使い勝手良くジムニーに乗るため、ラゲッジマットは納車したらすぐに必要です!

スポンサーリンク

JB64ジムニーのラゲッジマットの選び方

ジムニーのラゲッジマットには、大きく分けて以下のような4つのタイプがあります。

  • マットタイプ
  • 3Dタイプ
  • 3分割タイプ
  • 7分割タイプ

これら4つのタイプは、用途によって向き不向きがあるので、特徴を解説していきますね。

マットタイプ

まずはマットタイプです。コンテナや、スケボーの下に敷かれているマットになります。

荷物が滑りにくく、防水性能のある材質でできているものも多いです。

また後部座席を使用するときは、マットを丸めてラゲッジボックスに収納することもでき、使い勝手がとても良いです。

うり
うり

私も使っている、最もおすすめのタイプです。

3Dタイプ

3Dタイプは、ふち部分が立体的になっています。

そのため、隙間に小物が落ちたり、ごみが溜まったりがありませんし、防水使用のため水がシートにこぼれる可能性も低くなります。

ただし、丸めたり畳んだりができないため収納に苦労します。

後部座席は基本的に使わない!という人におすすめです。

3分割タイプ

3分割タイプは、ラゲッジマットを取り付けた状態で、後部座席の使用ができます。
※後部座席2つとも、起こすか倒すかしないといけません。1つずつは不可です。

そのため、マットタイプや3Dタイプより、手軽に後部座席を使うことができます。

ですが、分割部分の隙間カバーはできません。

また、商品によっては固定できないものもあるため、後部座席を起こすとマットがバックドア側に垂れてくることもあります。

ある程度ラゲッジスペースのカバーはしつつ、後部座席に人を乗せることがある人におすすめです。

7分割タイプ

7分割タイプは、ラゲッジマットを取り付けた状態で、後部座席の使用ができます。

そのため、後部座席を倒して荷室にしたり、片側だけ倒して人を乗せたりなど、柔軟い対応することができます。

ラゲッジマットを7分割して取付け

ですが、隙間のカバーは全くできません。

また、フィット感が良くないとリクライニングがうまく機能しなかったり、端のほうがカバーできておらず傷がついてしまいます。

アウトドアなどで、汚れたものを積むことが多い人には向いていません。

4つのタイプを比較

それぞれの特徴を比較するとこんな感じ。

マットタイプ3Dタイプ3分割タイプ7分割タイプ
傷の保護
隙間のカバー×
後部座席を臨機応変
に使用できるか
×

かなり特徴が変わりますよね。

使用用途によって向き不向きがあるので、どのタイプが向いているのか検討が必要です

また、滑りにくい材質か?防水性はあるか?も確認しておくと良いでしょう。

ジムニーにおすすめのラゲッジマット5選

おすすめのラゲッジマット5選がこちら。

  • 【SUNVIC】ラゲッジマット
  • 【MONSTER SPORT】ラゲッジマット
  • 【RUIYA】ラゲッジトレイ
  • 【アルディジャーノ】ラゲッジマット
  • 【NexusJapan】 ラゲッジマット

それぞれ紹介していきます。

【SUNVIC】ラゲッジマット

マットタイプの【SUNVIC】ラゲッジマットです。実際に私も使用しています。

サイズもドンピシャですし、荷物も滑りません。

マットの裏も滑らない材質になっているため、荷物を乗せていない状態でもマットがずれません。

ぶっちゃけ買って満足しています!

【MONSTER SPORT】ラゲッジマット

マットタイプの【MONSTER SPORT】ラゲッジマットです。

ジムニー乗りで使用している人をよく見ます!人気ラゲッジマットですね。

人気なだけあって、サイズ感・使い勝手・荷物の滑らない材質など、しっかりした商品です。

マットを丸めてラゲッジボックスに収納することもできます。

やや値段は高いですが、その分品質がいいのは確かなのでおすすめです!

【RUIYA】ラゲッジトレイ

3Dタイプの【RUIYA】ラゲッジトレイです。

深めのトレイなので、多少の水のこぼれや汚れは心配ありません。

材質もしっかりとしているため、傷を守ってくれる安心感があります。

ただ、重たく・折り曲げたり小さくしにくいため、使わない場合の収納には苦労します。

多くの荷物を載せることがあり、後部座席を使わない人におすすめです!

【アルディジャーノ】ラゲッジマット

3分割タイプ7分割タイプの両方がある、【アルディジャーノ】ラゲッジマットです。

【アルディジャーノ】は、日本産で品質の高いラゲッジマットを提供しているメーカーのため安心です。

また、ロック糸の種類もたくさんあるので、楽しく選ぶことができます。

色で個性を出したい!高品質の分割タイプマットが欲しい!という人におすすめです。

【NexusJapan】 ラゲッジマット

7分割タイプの【NexusJapan】 ラゲッジマットです。

シンプルなブラックのため、内装の雰囲気を壊すことがありません。また、7分割タイプなので、後部座席も問題なく使えるのも嬉しい点です。

後部座席を使うことが多い。シンプルで安くすましたい!という人におすすめです。

まとめ

ジムニーラゲッジマットの「選び方」と「おすすめ5選」を紹介してきました。

内容をまとめると、ラゲッジマットには、大きく分けて以下のような4つのタイプがあります。

  • マットタイプ
  • 3Dタイプ
  • 3分割タイプ
  • 7分割タイプ

特徴をまとめると以下の通り。

マットタイプ3Dタイプ3分割タイプ7分割タイプ
傷の保護
隙間のカバー×
後部座席を臨機応変
に使用できるか
×

ラゲッジスペースの使用用途に合わせて、タイプを選ぶことが大切です。

また、おすすめのラゲッジマット5選がこちら。

  • 【SUNVIC】ラゲッジマット
  • 【MONSTER SPORT】ラゲッジマット
  • 【RUIYA】ラゲッジトレイ
  • 【アルディジャーノ】ラゲッジマット
  • 【NexusJapan】 ラゲッジマット

この記事で、あなたに合ったラゲッジマット選びの参考になると嬉しいです。

というわけで今回は以上です。おわりっ。

今回紹介したラゲッジマットがこちら

新型ジムニーの納期が長い…。すぐに納車したい…。と悩まれている方は、中古車のガリバーで、探してみるのがおすすめ!(たくさんありますし、ジムニー以外もあります。)

もちろん無料なので、チェックだけでもしてみる価値ありです!チェックは簡単3分で完了。

コメント

タイトルとURLをコピーしました