ジムニージムニー・雑記

【JB64 1型~3型】マイナーチェンジの変更点はここ!

困り人
困り人

JB64ジムニーのマイナーチェンジでどこが変わったの…?

変更点を教えて!

このような疑問に答えます。

2018年7月に発売されたJB64ジムニーですが、いろいろな部分に変更が加えられてマイナーチェンジが行われています。

マイナーチェンジが行われるごとに、JB64-1型・JB64-2型・JB64-○型…のように呼ばれています。

本記事では、マイナーチェンジによる主な変更点をまとめていきます!

新型ジムニーの納期が長い…。すぐに納車したい…。と悩まれている方は、中古車のガリバーで、探してみるのがおすすめ!(たくさんありますし、ジムニー以外もあります。)

もちろん無料なので、チェックだけでもしてみる価値ありです!チェックは簡単3分で完了。

スポンサーリンク

JB64ジムニーの型式による変更点一覧表

JB64ジムニーの型式による変更点一覧表がこちら。

型式年月変更内容
JB64-1型2018年7月・XG/XL/XCの3グレードで発売
JB64-2型2021年10月・オートライト標準装備
・アイドリングストップ搭載(4AT車のみ)
・スペアタイヤ ロアカバー取り付け(JB64のみ)
JB64-3型2022年7月・セーフティーサポート全車標準装備
・MT車にアイドリングストップ搭載

今後、マイナーチェンジが行われるたびに随時更新していきます。

うり
うり

マイナーチェンジの詳細を解説していきます!

スポンサーリンク

JB64-1型

2018年7月にJB64ジムニーの販売が開始されました!

JB64-1型 2018年7月
  • XG/XL/XCの3グレードで発売

JB64-2型 マイナーチェンジ

2021年10月以降のJB64ジムニーは、JB64-2型にマイナーチェンジされました。

JB64-2型 2021年10月
  • オートライト標準装備
  • アイドリングストップ搭載(4AT車のみ)
  • スペアタイヤ ロアカバー取り付け(JB64のみ)

マイナーチェンジの詳細・背景などを解説しておきます。

以下の法律が制定したことによって、オートライトが標準装備されました。

十四 自動車(二輪自動車、側車付二輪自動車、三輪自動車、カタピラ及びそりを有する軽自動車、大型特殊自動車並びに小型特殊自動車を除く。)に備える走行用前照灯及びすれ違い用前照灯は、当該自動車の速度が10km/hを超える場合に夜間において常にいずれかが点灯している構造であること。

引用元:道路運送車両の保安基準

また4AT車のみですが、アイドリングストップが搭載されました。環境問題を意識してでしょう。

MT車に、アイドリングストップの搭載はされていません。

JB64ジムニーのみですが、スペアタイヤ ロアカバー取り付けられました。JB74シエラにはつけられていません。

スペアタイヤ ロアカバーは、スペアタイヤの下部分を支える役目をしています。

JB64-3型 マイナーチェンジ

2022年7月以降のJB64ジムニーは、JB64-3型にマイナーチェンジされました。

JB64-3型 2022年7月
  • セーフティーサポート全車標準装備
  • MT車にもアイドリングストップ搭載

マイナーチェンジの詳細・背景などを解説しておきます。

XL・XGグレードも含め、全車にセーフティーサポートが標準装備されました。

このご時世、安全第一ですからね。時代の流れもあり、搭載されたのでしょう。

また、AT車のみアイドリングストップが搭載されていましたが、MT車にも搭載されます

2WDのときにシフトをNにし、クラッチから足を離すことで、アイドリングストップが作動します。

アイドリングストップが不要という人は、アイドリングストップキャンセラーも販売されているので、取付けを検討してみると良いでしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました