ジムニーの特徴・情報

JB64ジムニーに載せておきたい雪・寒さ対策グッズ!【冬に使える】

冬に載せておきたい、雪・寒さ対策グッズ
困り人
困り人

近年の冬って、かなり寒いし雪もすごいですよね…。

そんな冬を乗り越えるためにも、JB64ジムニーに載せておくべき雪・寒さ対策グッズってないの?教えて!

このような疑問に答えます。

本記事の内容
  • グッズ選びのポイント
  • JB64ジムニーに載せておきたい雪・寒さ対策グッズ!
  • JB64ジムニーの冬の車内を快適にする機能・カスタム

冬は寒いですし雪などによる急なトラブルが多く、不安ですよね…。

そんなあなたの不安を解消できる記事となっています。ぜひ最後までご覧ください!

うり
うり

【自己紹介】

  • 20代後半
  • JB64ジムニーを2022年3月納車
  • ミディアムグレー XCグレード
  • 主に街乗り
  • 20か所以上のカスタムを実施

ジムニーの購入を悩んでいるあなた。中古車価格が高騰している今、愛車を最高額で売却してジムニーを買いませんか?

ラジオCMもしている「MOTA車買取の一括査定」なら、高額査定をした最大20社のうち上位最大3社のみ案内が来るため、最高額で楽に売却できます。

査定額に納得できなければキャンセルもできるため、とりあえず査定をしてみるというのもおすすめです。

\しつこい営業電話なし!45秒の簡単入力!/

スポンサーリンク

グッズ選びのポイント

JB64ジムニーに載せるグッズ選びのポイントは、以下の通り。

グッズ選びのポイント
  • コンパクト
  • 使い勝手
  • アウトドアにも使える

JB64ジムニーは、車内が狭く、収納が少ないです。大きな欠点の1つですね。
>>実際に乗って気づいたJB64ジムニーの欠点9つ!

そのため、なるべくかさばらないコンパクトなものを選びましょう。

コンパクトのグッズは、強度が弱かったり、使い勝手が悪いもの多いので注意が必要です。

また、ジムニー乗りの人であれば、アウトドアに行く頻度がほかの人より多いと思います。

アウトドア先でも問題なく使用できるグッズを選びたいところです。

うり
うり

友達とアウトドアに行こう!となった時に、ジムニーだからという理由で車を出す羽目になることもありますよね。

コンパクト・使い勝手・アウトドアでも使える部分に注目して選んでいきましょう!

スポンサーリンク

JB64ジムニーに載せておきたい雪・寒さ対策グッズ!

JB64ジムニーに載せておきたい、雪・寒さ対策グッズがこちら。

冬に載せておきたいグッズ
  • スノーブラシ
  • 解氷スプレー
  • スコップ
  • ブランケット
  • 雪道脱出マット

それぞれ紹介していきます。

スノーブラシ

車に積もった雪をおろすために必要な、スノーブラシです。

手で雪を下ろすことを考えると、かなり大変ですよね…。またジムニーは車高が高いため、屋根の雪をおろすためスノーブラシは必須と言えます。

おすすめのスノーブラシがこれ。

どちらも分解でき、コンパクトのため、使わないときはかさばりません。また、氷や霜を除去できるスクレーパーがついているのも嬉しい点です。

形状が違うため、あなたに合った形状を選んでください。

うり
うり

収納に困らなければ、ぶっちゃけホームセンターで安く売っています。安いものでもいいので載せておきましょう!

解氷スプレー

ガラスの氷や霜を溶かすことのできる、解氷スプレーです。

「フロントガラスが凍っていて、溶けるまで車を動かせない…。」なんて経験ないですか?

そのような悩みを解決してくれます。

解氷スプレーは、エアゾールタイプ(炭酸ガスで噴射)とトリガータイプがあります。

タイプ別の特徴
  • エアゾールタイプ:強力な解氷力。ガス缶の取り扱いに注意が必要。
  • スプレータイプ:ボディにやさしいものが多い。取扱いが簡単。

おすすめの解氷スプレーがこれ。

どちらも安価でよく使われている人気商品です。

うり
うり

特に時間のない朝に重宝しています!

スコップ

駐車場の除雪やタイヤがはまってしまった時に使う、スコップです。

ジムニーはは4WDで走破性も高いですが、除雪用のスコップも持っておくとさらに安心です。

おすすめのスコップがこちら。コンパクト重視と使い勝手重視のものです。

ビーカム
¥1,372 (2022/08/29 13:51時点 | Amazon調べ)
コンパル(Compal)
¥1,281 (2022/08/29 17:49時点 | Amazon調べ)
うり
うり

雪の少ない地域ではあまり使う機会はないかもしれませんが、冬は載せておくと安心です。

ブランケット

足元を温めることのできる、ブランケットです。

冬の車って、足元が冷えますよね。ですが、ブランケットをかけるだけでかなり変わってきます。

また、シガーソケットにつなぐことで温かくなる「電気ブランケット」もあります。

おすすめがこちら。

うり
うり

自分用で1つは必ず持っておきたいです。

人を乗せることが多い人は、人数分持っておくと喜ばれるでしょう!

雪道脱出マット

雪道でハマって動けなくなってしまったときに使える、脱出マットです。

使う状況にならないことが1番ですが、もしもを考えると持っておいて損はないでしょう。

おすすめはこちら。

トラスコ中山(TRUSCO)
¥955 (2022/08/29 14:57時点 | Amazon調べ)
うり
うり

お守りという気持ちで持っておくと安心です。

JB64ジムニーの冬の車内を快適にする機能・カスタム

JB64ジムニーの冬の車内を快適にする機能・カスタムがこちら。

冬の車内を快適にする機能・カスタム
  • シートヒーターの活用
  • エンジンスターター
  • ラバータイプのフロアマット
  • 防水ラゲッジマット

それぞれ紹介していきます。

シートヒーターの活用

JB64ジムニーには、座席が温かくなるシートヒーターがついています。
※運転席・助手席の両方あり

サイドブレーキ横にスイッチがついており、押すことでON/OFFすることができます。

かなり暖かくなるので、寒い悪冬はシートヒーターを活用して乗り越えていきましょう!

JB64ジムニーのXC,XLグレードには装備されていますが、XGグレードには装備されていませんので注意が必要です。

エンジンスターター

車から離れていてもエンジンをかけることのできる、エンジンスターターというカスタムパーツがあります。

前もってエンジンをかけておくことで、車内をあったかくしておくことができ寒い冬に活躍してくれるでしょう。

おすすめがこちら。市街地で最大500m離れていても電波が届きます。

エンジンスターター本体と、車種別専用ハーネス、アダプターが必要になります。
必ず「カーメイト 車種別適合検索」を自分でチェックして、間違えがないか確認しましょう。

うり
うり

取付けの難易度は高めなので、車屋さんなどにお願いしたほうが安心です。

ラバータイプのフロアマット

冬は車内に雪を持って上がり、濡れてしまうことも多いですよね…。

そのため、フロアマットをしていない人や絨毯タイプのフロアマットをしている人は、ラバータイプにカスタムすることをおすすめします。

ラバータイプであれば、水も弾きますし、水洗いできるため掃除も楽です。

以下の記事で、おすすめフロアマットを紹介しています。ラバータイプを参考にしてみてください。
>>【徹底比較】ジムニーJB64のおすすめフロアマット6選

防水ラゲッジマット

冬は雪で濡れた荷物や、濡れたスノーブラシ・スコップなどを載せることも多いです。

そのため、車内が濡れないようにするためにも、防水ラゲッジマットにカスタムすることをおすすめします。

濡れたり汚れたりしても、タオルなどでさっと拭くだけできれいになるため、掃除も楽です。

以下の記事で、おすすめラゲッジマットを紹介しています。防水のラゲッジマットを参考にしてみてください。
>>【ジムニー】ラゲッジマットの「選び方」と「おすすめ5選」を紹介!

まとめ

今回は、冬のJB64ジムニーに載せておきたい雪・寒さ対策グッズ、カスタムについて紹介しました。

まとめると以下の通り。

冬に載せておきたいグッズ
  • スノーブラシ
  • 解氷スプレー
  • スコップ
  • ブランケット
  • 雪道脱出マット
冬を乗り越えるために使いたい機能・カスタム
  • シートヒーターの活用
  • エンジンスターター
  • ラバータイプのフロアマット
  • 防水ラゲッジマット
うり
うり

冬は急な大雪や、トラブルなど起こることも多いです。そんな場面を乗り越えるためにも、準備しておきましょう!

それでは今回は以上です。この記事で、冬を乗り越える参考になると嬉しいです。

ジムニーの購入を悩んでいるあなた。中古車価格が高騰している今、愛車を最高額で売却してジムニーを買いませんか?

ラジオCMもしている「MOTA車買取の一括査定」なら、高額査定をした最大20社のうち上位最大3社のみ案内が来るため、最高額で楽に売却できます。

査定額に納得できなければキャンセルもできるため、とりあえず査定をしてみるというのもおすすめです。

\しつこい営業電話なし!45秒の簡単入力!/

コメント

タイトルとURLをコピーしました